「渦とチェリー新聞」カテゴリーアーカイブ

本日の新聞配達「新宿 アビエタージュ様に」

7月13日(日)開催サロンの広報活動兼ねて、再び「渦とチェリー新聞」創刊号を配る活動開始。

アンティークやゴシックやスチームパンク等が集められたクローゼットのようなサロンのようなお店、新宿はアビエタージュ様にも、定期的に渦チェリ新聞置かせていただくことに。早速、創刊号を置いてまいりました。とても親切に対応してくださいまして、ありがとうございます!(ああここで写真だったなと、若干後悔。)ジワジワと、渦チェリ新聞設置場所増やしてまいります。ただし、やっぱりちゃんと読んでいただきたいので、フライヤーよりは若干場所を選んで設置させてもらわなければ。

どうしても、読みたい!という方、地球上であれば、物理的に送ること可能な場所であれば出来る限りお届けしたいです。

そして、

次回サロンは7月13日(日)。テーマは「ドッペルゲンガー」です。このテーマは新聞のテーマともリンクしておりまして、ドッペルゲンガー、共歩き、離魂病、ブロッケン山の怪人等等、様々な名前で様々な文学に現れるこの不可思議な現象について、記事が集まればいいなあ。大変だけど、目指せ増ページ!

そういえば、

以前、32号室公演で谷崎潤一郎の「人面疽」を扱ったけれど、この物語の大枠も、「自分が撮影した覚えのない自分主演の映画があちこちで上映されているらしい」という謎に怯える女優のお話なので、タイトルこそ人面疽なれど、要素としては大いにドッペルゲンガーなのではないだろうかとふと。そんな様々なお話が皆様と出来たら・・・。

「渦とチェリー新聞」創刊号設置所等情報

ジワジワと注目されてきてます「渦とチェリー新聞」

5月末現在、都内各所に置かせていただいておりますが、確実に手に入る場所“渦とチェリー新聞公式設置所”は下記です。尚、なくなった場合は下記でしたら新聞配達に参ります(取り置きも可)。設置所、ドンドン増えるといいなあ。

  • Night Cafe Crow(六本木)
  • Zaroff(初台)

尚、設置所は国内なら問題ありません!内容は怪奇幻想クラブ「渦とチェリー」サロンのご案内や創作小説毎回のテーマに沿ったコラム(創刊号はまじない)等。あくまでアナログ、学級新聞的な手作り感でまいります。ほとぼりが冷めたらPDFにでもしてデータ公開するかもしれませんが、基本、紙として受けとらないと読めないシステムです。

「渦とチェリー」活動洒落で置いてやろうという東京以外の方、怪奇幻想コラムを書いてみたい方、随時受け付けております。

「渦とチェリー新聞」
「渦とチェリー新聞」創刊号、関西のアンダーラインさんにもお届け!

 

創刊号はA5の4ページつまりA4二つ折り裏表ですが、投稿や記事が充実しましたらさらに4ページ増える予定です。差し当たっては目指せ!4ページ。