【告知】ミニ個展「アビラウンケン」は10月開催!

チェリー木下ミニ個展「アビラウンケン」

会期:10月9日(土)〜19日(火) 13時〜19時
   水曜定休日です
場所:画廊珈琲Zaroff 一階ミニマルギャラリー
〒151-0061 東京都渋谷区初台1-11-9 五差路
http://www.house-of-zaroff.com

★オリジナルゲーム盤「アビラウンケン」とダンボール小物の展示販売。

↓↓会期中イベント等↓↓

【ご開帳】
通常営業終了後一階喫茶にゲーム盤を広げ、実際に遊んでみます。
①10日(日)19時-20時
❷13日(水)18時-20時 ※Zaroff定休日ですが一階のみ開けます。
③15日(金)19時-20時

予約制・参加費1200円(フリードリンク駄菓子付)
→ご予約こちら(複数名の場合は代表者のお名前と人数をお願いします。またキャンセルの際もご連絡いただけるとありがたいです)

※前回中止となった分の旧「アビラウンケン」DMお持ちいただいた方ちょっぴりお土産あります。
※Zaroff営業終了後の開催となりますので通常メニューのご注文はおやすみです。
※ゲームに参加しない場合も同料金。ミニ個展がゆったりご覧になれます。

今回は、こんなご時世ですし、オンラインギャラリー的な感じでも皆さまにご覧いただけたらな、
また、小さい展示スペースでは伝わりきらないものを違う形で補完したいな、
というようなことで画像や動画が気軽にみれる
「インスタ」に積極的に情報公開を試みます。
会期中にインスタライブをしたり、作品紹介をしたり、
立体的な展示の見せ方ができたらなと。

Instagramで「チェリー木下」 をフォローもしくは

#ゲームアビラウンケン をフォローしてくださりませ。

追記:会期中、一階喫茶では渦とチェリー新聞にイラストを掲載していただいている 立島夕子さん個展「珊瑚雲」が開催されます。
併せてご高覧くださいませ。

渦とチェリー新聞第23号発行!どうにかこうにかテーマは「海」

9月、秋の入口。
今回渦チェリ新聞のテーマは「海」でしたが、
ギラギラ焼けつく砂浜に打ち寄せる波・・・というより
台風の予感を孕みつつ、ちょっぴりセンチメンタルな秋の海になってしまいました。

23号、なんといつもの8ページから増ページで
12ページ!
新聞開始頃より連載の_underline氏の、現在掲載しているシリーズを
紐解く項目も掲載できたし、
他、読み物をいい感じで盛り込むには12ページの方がいいなあと
つくりながら実感しました。
8ページじゃ、あっという間、珈琲一杯飲む前に読み終えちゃうし。

が!

諸事情鑑み、次回よりまた8ページ。
また、スペシャルとして増ページをやる予定でおります。

個人的に郵送ご希望の方、HPのメールフォームよりご連絡ください。
バックナンバーもあります。

フリーペーパーですが、切手等のカンパをいただけますと非常に喜びます。

【今回のミステイク】
・ノンブル最終ページが12であるところ8になっていました。
・チェリーコラムに若干の文字記載ミス。
判読可能なのと、他の寄稿者さんの記事には支障ない為、そのままとします。チェリーの反省の身。

◎23号は下記の記事が載っています(敬称略)
ーーーーー
巻頭イラスト「海月」立島夕子
巻頭コラム「海は○○と繋がっている」チェリー木下
善印ウトウ商店(消しゴムハンコ)
チェリーの短い話「海の家」チェリー木下
「えもろぐ Vol.14」(漫画)&特別編 emo.
「蜃気楼の境界 編(四)你蜃」(小説)_underline
ゲーム「アビラウンケン」について
「あの街この街グル巡り」松本格子戸
「くるくるパンマの占い詩手帖」太田翔
ーーーーー

【渦とチェリー新聞を置いてもらっている場所】
9月現在(順不同)
※新聞本体に記載されていないものもあります。次号必ず!

画廊珈琲Zaroff(初台) ビア&カフェBERG(新宿)
点滴堂(三鷹) カフェ・フライングティーポット(江古田)
喫茶マッチングモール(高円寺)
カメラのヤマヤ(小平) 西鎌倉ニヨンマル(鎌倉)
ライト商會(京都) Toe Cocotte(サロン・奈良)
ちんき堂(神戸) 花森書林(神戸) 歩歩琳堂画廊(神戸)
夕顔楼(大阪) cafe Anamúne(大阪)