「眉かくしの霊」タグアーカイブ

パノラマ朗読「眉かくしの霊 幕ノ内弁当版」やります!

パノラマ朗読「眉かくしの霊 幕ノ内弁当版」チラシ

思いがけなく逗留する事となった木曽は奈良井のひなびた宿で起こる怪異譚。お馴染み泉鏡花の名作をチェリー木下がパノラマ朗読にいたします。
旅情と幻想と「なんだかこわい」と…冬の夜にしみじみ美味しいこの物語、登場人物による回想や語り、そして大きく流れる全体のお話が錯綜して、鏡花の物語はだからこそ幻惑的、丸っと味わうにはいっそ黙読するのが一番、なのかも知れませぬ。
が、「物語を読んで心に広がったパノラマを、あなたの心に投影する」というのが大げさかもしれませぬが、チェリーのパノラマ朗読です。なので手段は選びませぬ。朗読やらダンボール掛軸やら謎のお土産やらでお付き合いいただきます。
場所は、画廊珈琲Zaroffの一階喫茶店。
定休日の上演です。閉店後の喫茶店に集まるなんて、なかなかございません。そして、恐らく年内最後のパノラマ朗読になるかと。
チェリー車輪に準備中!以前、記憶の蔵で上演した際にやり残した事も盛り込みたいです。

ご予約は本HPからメールにて→こちら
※うまく送信できない場合は、ちと見にくいのですがチラシ画像にありますメールアドレスもしくは、
怪奇幻想クラブ「渦とチェリー」のTwitterもございます。そちらをご利用になってみてください。

日時:11月27日(水) 19時位から
場所:画廊珈琲Zaroff 渋谷区初台1-11-9 五差路
 http://www.house-of-zaroff.com
 初台駅から歩いて数分
お代:2000円(ささやかなお土産付)

☆定休日のザロフをお借りしてのイベントなので、ザロフのメニューは提供いたしません。
お飲み物等の持込出来ますが、狭いので他の方にご配慮を。ゴミは各自でお持ち帰り下さいませ(チェリーが困ります汗)
☆当日ふらりもOKですが、万が一入れない場合はチェリーが何より哀しみます。お土産の準備もありますので、ご予約を。

「眉かくしの霊」谷根千@記憶の蔵にて

2月12日(月)谷根千の記憶の蔵にてパノラマ朗読「眉かくしの霊」(泉鏡花)無事終了いたしました。

記憶の蔵さんをお借りしたのは二度目ですが、前回も今回も寒い季節でした。
団子坂を登り、千駄木の可愛らしいお店を覗きつつ、どこか懐かしい路地をさ迷いつつ、ふと現れる小さな目印・・・こんなところに蔵が?!と、ここへ来る道筋は本当に楽しい。

また機会がありましたら。ありがとうございました。

底冷えのする会場の中央に、今回はデーンとガスストーブが!
甘酒の鍋をかけさせていただき、寒さを肴に皆で掬って飲みつつの朗読でした。

なかなかブログ等ではニュアンスの伝わりづらいチェリーのパノラマ朗読イベントですが、来てくださった方は良いイベントだったとおっしゃいます。お世辞半分としても、何かしら伝わっている、共有しているのだと思うと、毎回嬉しい限り。

私の朗読スタンスはとにかく「なりふり構わず伝える」ということ。今自分の持っているモノを何でも使う、音楽なければ歌うたい太鼓叩き、朗読スキルが追いつかなければ絵も書こう身振り手振りもしよう這いずり回りもしよう・・・まだまだ未熟ですが、その一点は揺るぎなく、今後も歩んでいけたらと思います。

挿絵がわりに会場に展示しましたダンボール掛軸の画像を貼ります。

【告知】2月パノラマ朗読「眉かくしの霊」

泉鏡花「眉かくしの霊」をパノラマ朗読いたします。

パノラマ朗読「眉かくしの例」チラシパノラマ朗読「眉かくしの霊」チラシ裏

2月12日(月・休日)谷根千の「記憶の蔵」にて、ダンボール掛け軸を物語の挿絵が割りといたしまして、大正時代の蔵に、伊作が、お米が、お艶が、賛吉が・・・チェリーの語りで姿を現します。久々の単独朗読ライブ、どうかこの機会に、声優さんでもない、ナレーターでもない、俳優さんでもないアプローチの朗読を知っていただければ幸いです。
★会場は寒いです。甘酒や使い捨てカイロを無料にてご用意いたしますが、なるたけ暖かい格好でお越しくださいませ。
ご予約や問い合わせはは本サイトの問合わせフォームより!

パノラマ朗読「眉かくしの霊」
作:泉鏡花 脚色:チェリー木下

日時:2018年2月12日(月・休日)17時開始
(前半40分 休憩10分位 後半40分 を予定しています)
★早く着き過ぎてしまっても、外で待たず、会場内に入ってダンボール絵を眺めたり温かいお飲み物を飲んだりして時間までお待ちください。
☆入り口付近通路は住宅が集まっておりますので、なるたけお静かにお通りください。

木戸銭:1500円

場所:記憶の蔵 東京都文京区千駄木5-17-3

↓地図をクリックすると大きな画像になります記憶の蔵地図