「パノラマ朗読実験室」タグアーカイブ

パノラマ朗読〜人面疽「影法師の肉」ご案内

パノラマ朗読「人面疽 影法師の肉」
2018年もあと僅か、平成という年号がつく最後の師走、
パノラマ朗読をやります。

過去に場所を変え構成や演出を変え、何度もアプローチしてきました谷崎潤一郎の大正期の短編「人面疽」。

毎回言ってる気がしますが、今回が一番!
・・・原作から遠く、またある意味一番肉薄している世界になる予定です。
苦手な言葉ですが実験的です。と言うか、パノラマ朗読の可能性を模索した実験です(わあ、苦手な言葉を二回も!)
谷崎の映画へのフェティッシュとも言える偏愛と、死とは幽霊とは影とはなんぞやとかを毎度語ってお酒の席等でドン引きされるチェリーとの言わばコラボ作品です。
古い映画や美術書が山積した店内、あちこちに掛けられた柱時計が時間差で時を告げる狭いザロフの濃密空間をより狭く濃密に、
共に悪夢を楽しみましょう。

尚今回は、謎の生物を造形されたり細密な世界の絵を描かれたり独自な世界観で作品を作り続けている太田翔さんがパフォーマンスにご協力くださいます。彼の持つ独特の何かと物語がどんな共鳴をするのかも私自身楽しみです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
日時:2018年12月12日(水)19時半開演(19時位から受付)
木戸銭:2000円
パフォーマンス協力:太田翔(造形・出演等)
 https://www.facebook.com/garusia.kuso
場所:画廊珈琲Zaroff 渋谷区初台1丁目11−9五差路
京王新線初台駅下車南口より数分
 
※狭い会場ですので、大体の人数を把握した上で場内の使い方を変えます。なので出来るだけ事前のご予約をお願いいたします。
※定休日の喫茶店をお借りしております。ゆったり店内を楽しみながらワンドリンク付・・・の優雅なイベントではない事ご了承くださいませ。
※飲食持ち込み自由ですが店内を汚したら非常に怒られます(チェリーが)そして他の方のご迷惑にならぬ範囲にてお願いします。
長文お読みいただきありがとうございました。
ご予約問合せは→こちらリンクから
★二日経っても返信がない場合はツイッター@kwaidanbarもしくは@cherrysorryにお問い合わせ下さい。

未明ナイトから1ヶ月→チェリー近況

ええ、パノラマ朗読家チェリー木下でございます。
今更ながら。
昨年冬の「パノラマ朗読実験室 人面疽」そして年明けて1月「小川未明ナイト 月夜と眼鏡」、ほぼ1ヶ月強の間に二つ立て続けに朗読を真ん中にしたイベントをいたしました。真ん中、というのはおこがましいかも知れません。どちらもテルミン演奏と楽曲諸々作成のYodaさんとご一緒させていただき、かたや朗読かたや音楽と、ふたりでそれぞれの立場からアプローチして全体をつくりあげるという、コラボとも共作ともつかない作品づくりを試みました。
(どちらも見にいらした方から好評いただき、毎度のことながらこちら側では映像も画像も記録を残していないのが残念です。これも、チェリーがひとりであれこれやっているせいで・・・写メとる暇もないのかよ、とつっこまれますが、ええ、ないんです。
毎度毎度言うのですが、その時その場の空気は写真には映らないので、来てくれた方だけが感じればいいことなのです。が、ネットで宣伝、とか説明、とかそういうことが難しいんだよなあ。)

そんなこんなのお疲れさまと、これから又色々企てられたらいいねというゆるい会議も兼ね、Yodaさん始めお世話になっているプロデューサーの方や造形作家の方と2月の新年会をやりました。
(ちょっと文字に書くとかっこいいな)
今年も、何かしらご一緒につくろうと画策しております。

五月は別のところからのお誘いがあり、まだ詳細は告知できませんが、浅草でなんと妖怪関連の素敵なイベントに出演させていただく予定です。

YouTubeやツイキャスも細々とですが続けてまいります。
こちらも様々課題はあれど、ちょっとづつ乗り越えて、朗読修行の足しになればと。

そして、新しくチェリーの趣味でブログ小説が始動。へたくそですが楽しんで続けていくつもりです。
私の周囲のひとたち、過去に出会ったひとたちや場所、そういうものをこっそり登場させてそっと記録しておきます。
臨機応変小説「少年レマルク」