「ザロフ店番」タグアーカイブ

「渦チェリ新聞」最新は三月号!そしてチェリー店番

「渦とチェリー新聞」三月号、すでに新宿ベルクさんと初台画廊珈琲ザロフさんに置いております。郵送分も配布済み。
ザロフのチェリー一日店番4月は23日(月)です。お立ち寄りの際に、新聞のご感想やアドバイスなどいただければ幸いです。
また、例により20時くらいから閉店まで、お店のご厚意でプチ朗読をするかもしれません。
(ザロフのお客様が静かに過ごされたい際には、大人しくコーヒーやココア入れてます。)
これからちょっとやってみたい「朗読オープンマイク」(仮名)に向けての実験も、やれたらいいなあ。今絶賛構想中。

さて、新聞ですが、
今回よりポツポツと感想のようなものいただいております。

嬉しい!

新しいコーナー、新しい書き手の文章はこれからさらに増えていく予定でおります。次回は五月後半発行予定。なのでまだ時間があります。まだ新聞読まれてない方、そして確実に手にしたい方は郵送も承っております。本HPのお問い合わせからも受付可能です。

例によりチェリー店番です

26日月曜は例により月一の店番です。ひとりで一日中居ます。イベントではありませんが…

もうすぐ春ですねぇ、ということでチェリーの顔見にいらしてください。なかなかお話する機会がない方にも、こんな機会に会えたらいいなあと妄想しております。

平日なので割にゆっくりお話できます多分。ノートPCのぞいたり本読んだりゆるゆる番しております。

天気予報ではまたも雪?らしいですが、少なくとも花粉症は大丈夫かな。先月みたいに半分遭難しかけることもないだろし。

閉店前の20時から21時まで、お店様のご厚意にてゆるゆるミニ朗読いたします。

初台画廊喫茶ザロフへどうぞ12時半くらいから開店21時閉店。

2018年戌年のスタートは猫?

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
1月のチェリーZaroff店番は22日月曜です。
今年より閉店時間が21時までとなりました。20時位から閉店までの1時間、プチ朗読タイムを設ける予定です(勿論、お客様が望まない際は店番業務に専念します)。プチ朗読は恐縮ですがチャージ500円頂戴いたします。Zaroffの豊富な在庫の中から、ザクザク読んで参ります。
「渦とチェリー新聞」1月号も22日にいらしたお客様にはいち早くお渡し出来るかと。

本年も「渦とチェリー」およびチェリー木下の活動をよろしくお引き立てくださいますよう。そして、皆様に素敵なことがたくさんありますよう。

さて年末年始、チェリーは何をしていたか?と言いますと、
某所忘年会新年会にてギターと歌語り?のユニット「猫だまし」のミニライブとそれに向けての練習をしておりました。

キャッチフレーズが「昭和歌謡からの刺客」。
全貌はまだおおっぴらには出来ませんが、懐かしのJポップとテキストリーディングをまぜこぜにしたスタイルで、回を重ねる毎、妙な世界が仕上がりつつあります。そのうちYouTubeか何かでネットをご覧の方々にもご披露する予定です。
架空のレコードジャケットもダンボール工作して見ました。

猫だましジャケット猫だましジャケット裏

12月今年最後の「渦チェリ新聞」と朗読

師走に入りました。
今年最後の「渦とチェリー新聞」は11日月曜、例により初台の画廊喫茶Zaroffにてチェリー1日店番のタイミングにて配布開始いたします。その後は順次、東京では新宿ベルクや、他関西方面のお店先に並ぶ予定です。
郵送も承りますので、メールフォームからお申し込みくださいませ。
★フリーペーパーです。郵送の方、特に送料ご負担いただくことはありません。が、お気持ちで郵便切手のカンパを後に送っていただけるととても喜びます。

そして・・・

11日は20時より閉店まで、お店様のご厚意にて今回特別に朗読喫茶をさせていただきます。
基本は喫茶店ですので、朗読以外で特にイベントらしいお構いはいたしません。途中からでも途中抜けでもどうぞ。おひとり様や初めての方にも楽しんでいただけたら幸いです。今年最後、ふらりとお越し下さいませ。

  • 画廊喫茶Zaroff(京王新線初台駅より徒歩5分弱)
  • 内容未定(少女地獄か押絵と旅する男あたりを 当日のお楽しみ)
  • チャージ500円(お菓子付)&喫茶店ですので珈琲やココアをご注文ください。アルコールのご用意もあります。
  • 20時〜22時前くらいまでの間です。喫茶の合間に朗読タイムがあります。一回目20時半位〜 二回目21時10分位〜 ※状況により変更
  • 店内撮影禁止です(店外はオッケー)インスタバエは発生いたしません

「渦とチェリー新聞」復活!テーマも「復活」

2017年10月16日(月)「渦とチェリー新聞」復活号がでます。
相変わらずのアナログ紙新聞ですが、この形式は変わらず、今後Webとのうまい連携が出来たらいいなあと思って居ます。
いち早くお手に取って見たい方は、
16日にチェリーが現在大体月一ペースにて店番をしております初台の画廊珈琲Zaroffで配布いたしますので、お立寄くださいませ。
その後、Zaroffは勿論ですが、都内を中心に各所に置かせていただきます。置かせてくださるお店や公共の場所、募集中です。
お声おかけくだされば幸い。 今回のテーマは「復活」。
見切り発車もいいところですが、どうか長い目でお見守りくださいませ。今後は大の月(月末が31まである月)ごとに発行する予定です。
★今号で掲載の太田さんの漫画につきましては、掲載が小さくなって線等つぶれている為、本ブログ記事に見やすいバージョンを掲載します。が、ちょっとだけ待っててね。

20171016-140656.jpg