朗読歴代お土産の数々。

振り返れば、ダンボール絵を作品に合わせて作成するようになったのは、2017年3月の「蜘蛛男」からでした。
定休日のザロフ一階喫茶店部分をお借りして、というのも初めて、前後編2日に分けてというのも初めて、
そして、ささやかなお土産をつけたのもこの回からだったと記憶しています。

それから、
パノラマ朗読をやる毎に何かしらつくっているチェリーです。
準備するものが多くなり、しんどさが増えましたが、
形の残らない朗読の思い出に、形ある何かがあるという事は
皆様のお楽しみ以上に、私自身の心の支えになってたりします。
(映像で残るじゃん、と、おっしゃるなかれ。
小さい会場では、その場にいる人の熱量や息遣いに合わせて色々変化させてますてか変化しちゃいます。居眠りしてる人がいたら、寝かせておいた方がいいのか、ここは何としても起こしてやろうか、とか、そんな事も・・・笑。録画や録音には残らない、一期一会がライブの楽しさです。)

で、

これまでのお土産を振り返ってみます。
・「人物相関図着せ替え」(蜘蛛男)
・「あらすじ双六」(蜘蛛男)
・「忌まれし劇場コイン」(永井幽蘭さんと共作)
・「お縄メント(オーナメント)」(怪奇朗読合戦)
・「ミニ招き猫達(偽物も紛れてます)」(ぐるぐる化猫屋敷)
なっつかしー。


さて、今回のお土産は
・・・来てくださいませ。今年最後の朗読は奇しくも、
乱歩「蜘蛛男」をやった場所定休日のザロフです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です