7月サロン「渦とチェリー」準備着々!イメージソングも完成

7月は13日(日)の渦とチェリーサロンイベントに向けて、今回も趣向を凝らして皆様と楽しいひとときを過ごすべく、準備をしております。現時点で決定しております内容ですが、

まず一番にお知らせしたいのは、

「渦とチェリー」のイメージソングがついに完成!13日のサロンで聞けます。

タイトルは

「モノガタリノ、渦」。

イメージソングを手がけてくださいましたのは、RindaさんとKaoriさんによるユニットcanariya。つい口ずさみたくなるようなメロディーと共に、語り紡がれる物語の渦に巻き込まれてしまう、そんな素敵な歌になりました。様々な楽器を駆使し着物姿でのステージングが印象的なお二人ですが、今回も艶やかなお着物にてご来店いたします。そして・・・この事は次回8月スペシャルへの伏線となるのであります・・・謎。

→そんな彼女達のライブ情報は→ canariya web site

 

そして、

今回のテーマは「ドッペルゲンガー」、ということで

好評のフレディ氏による衆道小説朗読もドッペルゲンガーもの、今回はさらにゲストで柊子さまによる百合小説朗読もあります。思いがけず「薔薇」と「百合」、妖しいコントラストになりそうです。

さらに、今回はダンスパフォーマンスもあります。

勿論、もちろん大正昭和初期の怪奇幻想小説朗読ございます。

そして7月サロンでは「渦チェリ新聞第二号」発行。今回も関西在住アーティストのunderline氏寄稿小説等、ドッペルゲンガーについての読み物を集めております。芥川は死の前に自分のドッペルゲンガーを見たと言われておるそうですが・・・新聞記事然り、時間が許せば皆様とお話する話題も、芥川龍之介の「歯車」や谷崎文学等にも触れられたらいいなあと。

パフォーマンス開始は18時半頃よりゆるゆる休憩はさみつつ、20時頃まで。まったりとチェリーやお客様同士でお話したい方は17時開店すぐ位からがおススメです。途中入退場自由です。初めてお越しになる方にも居心地よく過ごしていただけるように心がけておりますが、広い店内ではないので、息苦しい感じがしたら外へ出てまた戻っていらしてもオーケイ。魔都六本木の妖しい夜風に吹かれるもよし。

【7月サロン詳細記事】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です