渦とチェリー新聞7月号出来てます!

8月になりました!

渦とチェリー新聞、7月号が出回っております。

渦チェリ新聞は月の後半、大体3週か4週くらいの時期に発行するので、大概の皆様は実質翌月に手にする事となります。
今回も、1回目は7月3週の月曜あたりに配布したのですが、
すでに新宿ベルクさんには無し。
補充は結局8月になり・・・
また、郵送分もその通り。
7月号を名乗るのが気恥ずかしいような塩梅になっております。
8月に7月号、初めて手にとる方には、何やらバックナンバーのように思われてしまうカモですが、

「7月号は実質8月号です!」

そして、渦とチェリー新聞は大の月発行。
これがややこしいシステムで・・・大の月って何?とおっしゃる(特にお若い方)も案外多いので、何度も書きますが、

「大の月とは、31日まである月の事です」

つまり、

「7月号の次は8月号、8月も末頃発行なので、実質出回るのは9月です」

と、こういう感じになります。
今月、来月とよろしくお願いいたします。

新宿のベルク(Beer&Cafe BERG)さん、初台の画廊喫茶ザロフ(Zaroff)さんでお手に取ることができます。
そして神戸の古本屋ちんき堂さん、大阪ミナミの夕顔楼さんもこれから並びます。他、ちょっと設置場所増える予定なのでまた改めて書きます。

7月号のテーマは「色」
_underline氏の連続掌編小説、識実カナン氏の「パラノイア グルメ奇譚」、漫画は三丈晶生氏の「珍奇喧騒クラブ」、
上記レギュラー陣に加え、岡本風愉氏のイラストと文、立島夕子氏のイラストが!
新聞はホチキス留めなどしていない、本当に「新聞」式です。
前回、外側の部分だけ持っていった方がいらっしゃいました。
特に今回、立島氏のイラストは独立ページになっておりますのでご注意を!
紙にすると全部で3枚、ありますよ!!とり忘れは勿体無いですよ!
ちなみに、一部にファンのいる占いコーナーは休載です。

尚、確実に欲しい方には郵送いたします。
お申し込みくださいませ。
(フリーペーパーですので無料で配布します。が、お気持ちで切手のカンパをいただけるととてもありがたいです。)

また、「うちに置いてもいいよ」というお店様、団体様、お気軽にご連絡くださいませ。

※識実カナンさん取材時にいつも写真を撮影して添付してくれるのですが、新聞ではモノクロになってしまうので、カラーでちらっとご紹介。涼しげで可愛らしいお菓子琥珀糖。

渦とチェリー新聞7月号
渦とチェリー新聞7月号ベルクさんに
琥珀糖とソーダ水
記事の「琥珀糖とソーダ水」
シャララ舎さんの琥珀糖
記事の「シャララ舎さんの琥珀糖」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です