師走の近況、新聞やらながしよみやら何やら

チェリーです。

渦チェリは年内の表立った活動は終了。チェリーとしてのステージも年内は終り、2015年に向けての計画や準備をちょっとずつ進めつつ、充電している状態です。

あ、でも「渦とチェリー新聞」の配達配布は行なっていますよ!今回は「闇鍋」というテーマでいつもの如くミニコラムと、小説が3作、掲載されております。Webで発信すればコストも手間もかからないのですが、あくまでアナログにこだわっております。読んでみたい方、現在、渦チェリサロン会場の六本木Night Cafe Crow、それと初台ザロフ、新宿ベルクが確実に入手可能です。もし、これらの場所にない場合は「ないぞ!補充してくれ!」とご連絡くださいませ。また、いつも寄稿してくださっている_underlineさんのご縁で、大阪方面にもちょっぴりあります。(因みに、Crowに12月末から1月頭まで、_underlineさんの作品がちょっとだけ展示される模様です。本来どんな風な表現活動をされてる方なのか、気になる方は遊びにいってみてくださいませ。)

どおおおっっしても、確実にお手元に欲しい!という方は、郵送もいたしますのでお問合せ下さい。尚、郵送の場合は、お気持ちで切手を送っていただくことをお願いしております。

この時流に逆らった不自由さが、渦チェリ新聞の魅力であり存在意義でもあります。この不便な状況の中で、渦チェリ新聞にどんな可能性があるのか、皆さんと一緒に切り開いていけたら素敵です。

—————————–

怪奇幻想クラブ「渦とチェリー」

YouTube版ながしよみ、12月は橘外男「蒲団」を朗読しております。来年1月から、また新しい作品の朗読を開始いたします。何を読もうかワクワクしながら思案中。大正昭和期の怪奇幻想小説の中から選りすぐります。おやすみ前のウトウトタイムよろしくお付き合いくださいませ。ツイキャス版もやってます。

—————————–

渦チェリの“人形プロジェクト”、久々動きがありますのでご報告いたします。

現在、映像担当の松山さんが、塩川さんの人形舞台を撮影しにはるばるマレーシアに行っております。マレーシアの影絵との競演という事で、帰国後の報告が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です