チェリー絵を展示する「記憶のラジオゾンデ〜百閒「東京日記」より」

ブログでのお知らせが一番後回しになって恐縮です。

私、チェリー木下生まれて初めてツルツルの紙に描いた絵で展示をいたします。ええ、ダンボール絵ではありません。
内田百閒の「東京日記」の各話を一つずつイメージした絵です。
なので、
その1から23まで、本来あるべきなのですが・・・
20枚プラスおまけの1枚です。

場所は
初台の画廊珈琲Zaroffさんです。
チェリーとしてはこれまで朗読会場に使用させていただいたり、また
渦とチェリー新聞のスポンサーになってくださったり、
日頃お世話になっております。
ザロフさんのトリプル個展、というコンセプトの企画で
一階の3つのスペースを使用して、
私チェリーと、ぬいぐるみ作家の識実カナンさん、白黒画のemo.さんの三人がそれぞれ好き勝手に個展をやるという・・・
賑やかな展示です。
(ちなみに、カナンさんもemo.さんも渦とチェリー新聞にレギュラーで記事を書いてくださっている方々、裏コンセプトは渦チェリ!だったのね・・・)
私チェリーは喫茶店内での展示となります。

ダンボール作品は出さない、のですが、
ダンボール小物は端っこでひっそり販売いたします。
指輪や文庫本カバー、オーナメントなどがチョコチョコ入れ替えで会場にあるので見つけてくださいませ。

ともかく、
生まれて初めての事なので、一人ドキドキしております。
会期中はできるだけ在廊?したいと思っていますが、いない場合もあります。

会期中は、別会場の新宿五丁目のバーcontontonさんにて
パノラマ朗読をコロナ配慮衣装にて開催予定。
時節柄、あまり強くお誘いできないのが歯痒いですが、
もしタイミング合いましたらこちらにも(ザロフの帰りにでも)遊びにいらしてください。

18時に開店 19時位から開演
演目は、YouTubeでうまく配信できなかった「蒸気猿」を!
2500円 1ドリンク付  特にご予約形式にはしておりません。

尚、全ての作品に付いては会場の画廊珈琲Zaroffのブログに掲載されます。

http://www.house-of-zaroff.com

「渦とチェリー新聞」第18号発行いたしました。

ご無沙汰しております。
HPの更新がすっかり滞っておりますが、「渦とチェリー新聞」第18号発行いたしました。

例によって初台の画廊珈琲Zaroffにおかせていただいております。
後は順次、都内各所と関西方面のお店やギャラリーに置かせていただきます。
個別郵送の皆様のお手元に届くのも間も無く!


※先にお詫びしておきますが、初刷分の5頁あたりがちょっと折の位置がずれております。内容に問題はなく、チェリーの文章がちょっと切れて読みづらくなっている感じですので、そのまま配布いたします。5頁のライターさんには個人的にごめんねと言いました。

過去新聞のpdfは倉庫にあります。
でも、できれば現物をお手にとってほしいなあ・・・

今回のテーマは「月世界」です。
中秋の名月に因んでの「月世界」でしたが、時期的には名残の月となるのでしょうか汗。

ザロフさんスポンサーとなって、18号目、感慨深いです。
継続は力!です。

今回は11月1日〜10日にザロフの一階を使っての展示DMも
個別郵送の方に同封させていただきます。

何のことか?!
実は私チェリー木下と、新聞に毎回寄稿しているemo. さん識実カナンさんの三人展があるのです。
それぞれが別のテーマ、別れた場所でのトリプル個展の形態となります。

私チェリーは喫茶店内での展示で、内田百閒の「東京日記」の各23話に想を得た小さめの絵と、ダンボール小物を少しだけ展示販売の予定です。
詳細はまた後日記事にいたします。

(会期中に、会場移動して朗読イベントやる・・・予定)