「渦とチェリーお土産部門」を作ってみた

色々ありまして、suzuriというグッズを気軽に作ったり販売したりするサイトを活用してみることにいたしました。
連動して、Facebookページ
「渦とチェリーお土産部門」というのも作りました。
以前からありました渦とチェリーのFacebookページに加え、
「お土産部門」では、ダンボール絵を使ったグッズの販売とか
イベントの際に作成したお土産のアーカイブとか
ダンボール絵や立体や普通の(?)絵や、そういったものをまとめてお見せする場所にしようかなと。

過去作品やパノラマ朗読の際につくった看板絵など、チラシのご案内と本番だけで目に触れなくなってしまったものも気軽にご覧になれたら幸いです。

朗読活動の割合よりも、圧倒的に何か作っている方が多いこの頃のチェリーです。イベントの際にもお土産やらダンボール絵やら色々とつくったり、思いがけず、絵を描いてというご依頼もあったりして調子に乗っております。
パノラマ朗読にお声がかからないのは非常にさみしいのですが、絵とか朗読とかジャンルにこだわらず、何かをつくっていられるってことが幸せなのです。説明は難しいのですが、私の中では全部つながっているのです。

チェリー在宅にて頑張っております。

無観客朗読「蒸気猿」やります!

根はアナログなので、チラシも作ってみました。

パノラマ朗読・・・にしたいのですが、
配信では全然パノラマにならないのです。何がパノラマかっていうツッコミは置いておいて。
4月29日(水)何と祝日、定休日の画廊珈琲Zaroffさん店内をお借りして、オリジナル作品「蒸気猿」をやります。
だいぶ前、観客が2ステージ合わせて7人という、黒歴史というよりはある意味伝説のテキストです。それを、全面的に書き直し、今回朗読いたします。少し筋も変わっているかもです。
無観客ですがyoutubeにてライブ配信を予定しております。
事故発生しなければ、その後、渦チェリのyoutubeチャンネルに動画として置きます。

つまり、同時にライブでも見れるし、後からも視聴できますよ、ということです。

今回やるに当たって、初めての試みなのですが、「投げ銭」というのを導入いたします。
Ofuseというものです。50円から投げ銭できるそうです。
やり方は難しくないのですが、説明するとなるとちょっとくどくなります。ご辛抱ください。

URLをクリックしますと、私「チェリー木下」のページになります。
そこから「文字数」を購入して私に「メッセージ」を送る、応援の言葉と応援の投げ銭(お布施)が、私の心と口座に届く、というシステムだそうです。
 ↓↓
https://ofuse.me/#users/18221

よろしければこの機会に是非、視聴の後、ご感想や励ましのメッセージをofuseしてくださいませ。視聴の前でも、いいですよ笑
恐縮ですが、現時点では投げ銭の支払いはカード払いとなるそうなので、クレジットカードをお持ちでない方で、今回の視聴に投げ銭したい方は、何か別の方法でご支援賜りたく。あ、無論ただ見でもオッケーですよ笑。

なお、Ofuseは特にyoutubeとは連動しておりません。
Ofuseしなくてもご自由に視聴可能になります。

改めまして、下記の通りご案内いたします。

「蒸気猿」 作:チェリー木下
旅人リーデンブロックは、列車を乗り過ごし小さな村へとたどり着く。駅で出会った老婆から語られる奇妙な事件の顛末。人魚、遺跡、漁師たち、そして「蒸気の猿」とは一体何なのか。

4月29日水曜大体19時前くらいから配信開始予定
youtubeチャンネル→ 怪奇幻想クラブ「渦とチェリー」

※ライブ配信の準備は慎重に行いますが、予期せぬトラブルにより配信に遅れが出たりライブ配信そのものが出来ない場合には
後日、youtubeにアップいたします。

※視聴にあたり、よろしければチェリーにofuseの投げ銭をお願いいたします。

「渦とチェリー新聞第15号」発行しております。

4月になりました。
不要不急の外出自粛なこの状況、いつまで続くのやら。
いつも「渦チェリ新聞」を置いていただいているお店様も心配です。
お世話になっているけれど、こんな時、何のお役にも立てないもどかしさ。
皆様にマスク一枚おまけにつけてやる程の大きな存在でもなし。
早くみんなの、そして私らの日常を取り戻せますようにと、
願うばかり。

今回より参加の、消しゴムはんこの「善印ウトウ商店」さんが、ご厚意で「コロナ退散願い札」なるものを作ってもらったので、いつも配布しているお店にもお配りいたしました。
これまた消しゴムはんこが押してある和紙の袋に入っております。
欲しい方、まだ少しだけ残っているので、お分けいたします、ご連絡ください。
あ、あくまで洒落なので、実際の効力は期待しないで、
と、ウトウ商店さんも言っておりました。
手にとって、ちょっと微笑んで貰いたい。

他、今回もバラエティに富んだ人達が記事を寄せてくれております。
新聞は個別に郵送もいたしますので、お問い合わせくださいませ!

次号のテーマは「猿」!5月末くらい発行前後します。

【渦とチェリー新聞第15号目次】

テーマ「鳥」

渦チェリ「鳥恐怖症」1頁
 イラスト(立島夕子)
「Paranoia人形奇譚」(識実カナン) 2頁
「えもろぐ Vol.6」 emo. 3頁
小説「拆発」( _underline) 4/5頁
「あの街この街グル巡り」(松本格子戸)6/7頁
「鳥と島」(善印ウトウ商店)7頁
占い詩手帖(太田翔)/編集後記 8頁

【渦とチェリー新聞は下記のお店にあります】
※場所は変更になる可能性があります。
また、下記以外に、イレギュラーに置かせて貰う場合もあります。いつかどこかで渦チェリ新聞。確実に出会いたいかたは、個別に郵送も承ります。メールにてお問い合わせくださいませ。
ーーーーーーーー
初台 画廊珈琲Zaroff
新宿Beer&Cafe BERG
高円寺 喫茶マチモ
江古田 フライングティーポット
三鷹 点滴堂
江戸川橋 絵空箱
神戸 古本屋ちんき堂神戸 歩歩琳堂画廊
難波 夕顔楼
中崎町 カフェ朱夏実人
京都 ライト商会Toe Cocotte(サロン)