渦とチェリー新聞第9号残少!今回の内容等

毎度のんびりした記事掲載で恐縮です。
3月末に発行いたしました「渦とチェリー新聞」第9号は、4月の桜前線とはなんら関係なくゆっくりと関東および関西方面に配布され、お店の片隅に今も小さなお花を咲かせております。

つい、春の陽気にポエミーな表現をしてしまいました。

とはいえ、お陰様で現在チェリーの手元にある新聞は残わずか!
現在、初台のザロフには確実に置いてあります。
郵送ご希望の方も、まだ間に合います。
(そうこうしているうちに、5月末の第10号発行となりますが)
郵送にて定期購読(?フリーペーパーなのでなんと言って良いやらです)する方も徐々にですが増えております。
お気軽にメールやSNSのコメントなどでお問い合わせくださいませ。

さて、
今回のテーマは「花」。いつものチェリーの雑文から始まって、
識実カナン氏の「パラノイアグルメ奇譚」はお花見と桜餅とユイスマンス・・・あなたはどっちの桜餅?詳しくは本文にて。

パラノイアグルメ奇譚(識実カナン)
「どっちも桜餅!」

そして安定の狂気「くるくるパンマ先生の占い詩手帖」、
_underline氏による連載小説この独特な作品世界を味わえるのは「渦とチェリー新聞」だけ!!

新コーナーは二つ、
一つは・・・無謀にも投稿俳句コーナーを立ち上げております!
見切り発車もいいとこですが、ありがたいことに、
今回はいよかん氏が沢山投稿してくださいました。
イラストは立島夕子氏、図らずも両氏のコラボコーナーとなりました。いいコーナーに育つ予感がすごい!

もう一つのコーナーは、
松本格子戸氏による「あの街この街グル巡り」。焼きカレーの「ストーン」とトンカツ「藤吉」。
・・・読むだけでさっき食べたはずなのにもうお腹が空く!
独断と今日の気分で「藤吉」さんの画像をカラーで掲載いたします。うーん、素敵な佇まい。



松本格子戸のあの街この街グル巡り
佇まいから美味しそうなとんかつ「藤吉」

【渦とチェリー新聞置かせていただいてます】順不同(2019年4月現在)
Zaroffには比較的沢山置いてあります。置いていただける場所絶賛募集中!!

★関東方面
画廊珈琲Zaroff(初台)
Beer&Cafe BERG(新宿)
喫茶マッチングモール(高円寺)
カフェ・フライングティーポット(江古田)
点滴堂(三鷹)
Gothic Bar プラシーボ(野毛)

★関西方面
古本屋ちんき堂(神戸)
夕顔楼(難波)
カフェ朱夏美人(中崎町)
Toe Cocotto
京都ライト商會