「ほんとにあった怖い話し」出演しました

8月8日(火)と9日(水)、ご縁あって松本格子戸さんプロデュースの「ほんとにあった怖い話し」という納涼系企画イベントに出演させていただきました。
新宿はシアターpoo。
のっけから、そのだりんさん大迫力の一人芝居風語り「つゆはらいです」なんてもったいなさ過ぎるお言葉を自らおっしゃって・・・空気が一気に、妖しの世界へと変りました。続いて京はるなさんの切腹ショー、可憐な舞いと柔肌と刃のコントラストに最後まで釘付けでした。
そして牧瀬茜さんの実話怖い話語り。独特のオーラが強烈な花の香りのように舞台を包んだひと時。朱魅さんの「皿屋敷」を元ネタにした華やかで楽しいお芝居!ラストは大トリ、大阪から稲森誠さんの怖い怖い実話語り、笑わせ、引きつけ、怖がらせ。

今回出演した内容は、チェリーの朗読+若林美保さんの自吊パフォーマンス。
テキストは二日間いらっしゃるお客様も多いとの事で、8日は橘外男「蒲団」を、9日は急遽「化物屋敷」を、どちらも短くリライトして読むことに。「蒲団」は、上州の田舎町にある古道具屋、ひょんなことから仕入れた極上の蒲団一組がもたらす怪異、ビショビショと雨ばかり降るという始まりが現実の天候とシンクロして入り込んで読むことができました。効果音も一切なし、ただ朗読とそれにインプロで襦袢姿の若林さんが舞い自らを縛り吊られてゆく・・・怖い話で恐縮なのですが、とても幸せな朗読セッションでした。

大人のイベントに出演するのは初めてでしたが、格子戸さんのお人柄もあってか、いい雰囲気に包まれての二日間を体験。見て(聞いて)くださったお客様がたもあたたかくて、よかった!
ありがとうございました。

ちなみに

「蒲団」をやっている時、劇場入口の戸がずっと、誰かが叩いているみたいに鳴ってたのだそうです。外には誰もいなかった・・・!

ギャラリーレセプションにてテルミン演奏コラボ朗読

四月の報告です。
4月29日、銀座アートホールにて「華花はな展」の開催中、ミニライブをさせていただきました。
毎回「花」をテーマにしたグループ絵画展ということで、佐藤春夫の「のんしゃらん記録」のテキストをアレンジして朗読しました。何度かご一緒しているテルミン奏者で作曲をされる依田毅さんとのコラボです。
階層に分かれた社会、地上の光が届かない最下層に住む貧しい少年が、一輪の薔薇となる不思議なそしてちょっぴりこわい物語。
社会風刺や文明風刺的な要素もある作品でしたが、皆さん熱心に聞いてくださいました。
沢山の花の絵に囲まれ、そして依田さんの演奏と相まって、いつになく抒情的な雰囲気の朗読になったかと。

グループ展では最高齢80代の方が、テルミンに興味津々、終演後、佐藤春夫のお話やイギリスのお話などしてくださいました。まるで青年のような笑顔!
お世話人のエザワさん、素敵な機会をありがとうございました。

佐藤春夫「のんしゃらん記録」朗読:銀座アートホールにて

パノラマ朗読「蜘蛛男」報告

大分ごぶさたしております。
3月に初台の画廊喫茶Zaroffにて前編後編と2日にわたり開催いたしましたパノラマ朗読 江戸川乱歩「蜘蛛男」無事終了のご報告、簡単ではありますが数ヶ月遅れにて掲載いたします。

前編は「畔柳博士編」、一週間後に後編「明智探偵編」。
石膏に塗り籠められたバラバラ死体、水族館に浮遊する人魚のごとき死体、映画女優を襲う蜘蛛男、ストックホルム症候群、連続美女誘拐、地獄のパノラマ人形等等・・・盛り沢山の内容そして長編ということで、二日に分けました初の試み、どちらか一方だけでも来ていただけたらと願いつつ、テキスト構成を準備しました。前後編ともいらしてくださった方が思いの外多く、そして最後まで熱心に聞いていただいて、嬉しい限りでした。

Zaroffは一階が喫茶店、二階がギャラリーという小さいけれど独特の雰囲気が濃密な世界観をつくっているお店。今回お借りした一階の喫茶店部分は窓が大きく、外の移ろいゆく光そして闇を借景に、一日2回の上演がまるで違う味わいになり、それが前編後編と二日ですから・・・4つのステージに立ったような気持で、楽しかったです。

ありがとうございました!

お客様と記念撮影:松本格子戸さんと
お客様と記念撮影:ミステリ劇団「回路R」の皆さんと

 

「蜘蛛男」前編パンフレット:人物相関図着替
後編パンフレット:あらすじ双六