◎「渦とチェリー新聞」最新号入手可能場所情報!

「渦とチェリー新聞」現在、東京方面では、六本木Night Cafe Crow、新宿はビア&カフェベルク、アビエタージュ、どん底、そして初台ザロフに定期的に置かせていただいております。

そして、最新号、置いてあります。

設置場所が分かりづらい!感じの場所もあるので、後ほど簡単な店内MAP等をアップしておこうかと考え中。

また、西武新宿線中井界隈での染めの小道というイベントに参加の某お店様にも、今回は若干持って行っていただきました。
短い期間のイベントですが、気に入ってくださったら定期で置いてもらいたいなあ、なんて。

また、関西方面では、
神戸元町ちんき堂、大阪猫柳LatexGalleryと彩珈楼、等にあるはず。

ともあれ、3月頭に追加印刷をいたします。

個人的にどうしても確実に欲しい方、隔月で開催のサロンにお越し下さいませ。バックナンバーもご用意しております。

また、遠方だけど欲しい!という方や、うちの店にも置きたい!広告載せたい!という心ある方々からのお問合せ随時受付中。

渦チェリサロン2月15日無事終了!ありがとうございました。

春の嵐か、強風で一時電車が止まった!といったトラブルもありましたが、怪奇幻想クラブ「渦とチェリー」2月サロンも無事?終了いたしました。皆様ありがとうございます。

2月渦とチェリーサロン

テーマは「猫」という事で、
綿菓子を猫の尻尾に見立てたカクテルや、チェリー特製「ねこまんま」を最後は軽ーく炒めてお出しいたしました。
今回は上記のような事情から、キャンセルも多かった為、スタッフ・ゲスト皆で特例無礼講、「おつまみ代」のみざっくり頂戴して、あとはフリーフードの食べ放題。橘外男を全員で交互に連鎖朗読したり、いつになく怪奇幻想談義に花咲いた不思議な回でした。
イベント、特にテーマのあるイベントはお越しになる方がどうしても構えてしまうのが心苦しいと常々思っていたのですが、もしかしたら、迎える側の姿勢が構え過ぎていたのかもしれないなあと反省したり。

大正昭和あたりの怪奇小説を中心とした朗読が核なのですが、怪奇幻想や探偵・猟奇の世界が居心地よいと感じている方々、或いは「こわいってどういうこと」というのを常々考えている方々、そんな人達の交流の場としてももっと機能したい!その為には、サロンや渦チェリ新聞のあり方について、今後色々と考えていかなくちゃいけないと感じたチェリーでした。

ちなみに

今回単独での朗読はチェリーのみ、橘外男「亡霊怪猫屋敷」という作品の一部抜粋を読みました。
所謂「鍋島の化け猫騒動」を下敷きにして、その因縁が現代に祟るという、過去の凄惨な化猫騒動と、かつてその舞台となった古い屋敷で起こる怪異譚と、入れ子式構造になっている怪奇小説です。猫の呪いを受けて死に至る人々の描写のものすごさは、これがもともとは少女向け小説であったという事を忘れさせる程。橘外男の面白さを満喫できる作品、こういった面白い作品が絶版になって埋もれてしまってゆくのは非常に残念です。ちなみに、この作品は映画にもなっているようです、といってもはるか昭和の時代にですが。

次回サロンは4月12日(日)!
フリーフード制も考慮にいれつつ、内容テーマを練っております。

2月15日渦とチェリーサロン「妖しの猫たち」

改めまして。来週日曜「怪奇幻想クラブ渦とチェリー」サロンの告知です。

怪奇幻想クラブ渦とチェリー2月サロン

さて、2ヶ月に一度ペースで開催しております渦チェリサロン!
今回テーマは「猫」です。化け猫、魔女の使い魔、祟り猫、等ナド、猫は怪奇幻想の周辺を自由に出入りする愛らしく不気味な相棒。前半サロンタイムではそんな妖しの猫達について語り合い、後半はパフォーマンスタイム。舞踏の動きを取り入れた朗読ありボーイズラブあり、しっとり純文学朗読あり、耳と目で”猫”を楽しんでくださいませ。

★猫グッズ持参、猫コスプレ、猫柄のお召し物等でお越し下さる方には、ご予約あるなしに関わらず、その心意気に若干のサービスをさせていただきます。
おひとりさま歓迎!お友達お誘い合わせも勿論!
(複数名でお越しの方、特典の準備がございますので代表者のお名前(ニックネーム可)と人数を必ずお知らせくださいませ。)

★ご予約はこちら→お問合せメール
————————
日時:2月15日(日)開店17時〜21時頃
*開店より18時過ぎ頃まで サロンタイム
【“化け猫”を解析する】(チェリー朗読アリ)
*パフォーマンスタイム(ゲスト朗読)18時半頃より
【出演予定】椿屋蜂/柊子/フレディ・ダミザイド(五十音順)

チャージ:1500円(途中入退場自由)
*事前ご予約の方にはおふだ2枚(渦チェリ内400円相当)プレゼント。
場所:六本木 Night Cafe Crow(ミッドタウン富士フイルム向かい側お花屋さんのあるビルの2階)

◉今回のフードは「ねこまんま」を予定!
他、猫にまつわるおつまみやカクテルが出現するやも。
渦チェリグッズの新シリーズ!渦チェリ新聞やA5サイズのチラシが折らずに入る「蝋引新聞入」ほか。おふだでも現金でも購入可能。お土産に。
◉渦チェリ新聞最新号も入手出来ます!今回は三丈晶生氏による漫画が掲載されております、
お楽しみに。

ご予約はこちら→お問合せメール

渦チェリTwitter(@kwaidanbar)でのリプライや、Facebookページの「イベントへの参加」でもご予約可能です。