師走の近況、新聞やらながしよみやら何やら

チェリーです。

渦チェリは年内の表立った活動は終了。チェリーとしてのステージも年内は終り、2015年に向けての計画や準備をちょっとずつ進めつつ、充電している状態です。

あ、でも「渦とチェリー新聞」の配達配布は行なっていますよ!今回は「闇鍋」というテーマでいつもの如くミニコラムと、小説が3作、掲載されております。Webで発信すればコストも手間もかからないのですが、あくまでアナログにこだわっております。読んでみたい方、現在、渦チェリサロン会場の六本木Night Cafe Crow、それと初台ザロフ、新宿ベルクが確実に入手可能です。もし、これらの場所にない場合は「ないぞ!補充してくれ!」とご連絡くださいませ。また、いつも寄稿してくださっている_underlineさんのご縁で、大阪方面にもちょっぴりあります。(因みに、Crowに12月末から1月頭まで、_underlineさんの作品がちょっとだけ展示される模様です。本来どんな風な表現活動をされてる方なのか、気になる方は遊びにいってみてくださいませ。)

どおおおっっしても、確実にお手元に欲しい!という方は、郵送もいたしますのでお問合せ下さい。尚、郵送の場合は、お気持ちで切手を送っていただくことをお願いしております。

この時流に逆らった不自由さが、渦チェリ新聞の魅力であり存在意義でもあります。この不便な状況の中で、渦チェリ新聞にどんな可能性があるのか、皆さんと一緒に切り開いていけたら素敵です。

—————————–

怪奇幻想クラブ「渦とチェリー」

YouTube版ながしよみ、12月は橘外男「蒲団」を朗読しております。来年1月から、また新しい作品の朗読を開始いたします。何を読もうかワクワクしながら思案中。大正昭和期の怪奇幻想小説の中から選りすぐります。おやすみ前のウトウトタイムよろしくお付き合いくださいませ。ツイキャス版もやってます。

—————————–

渦チェリの“人形プロジェクト”、久々動きがありますのでご報告いたします。

現在、映像担当の松山さんが、塩川さんの人形舞台を撮影しにはるばるマレーシアに行っております。マレーシアの影絵との競演という事で、帰国後の報告が楽しみです。

12月14日は年内最終の渦チェリサロンでした!

皆様、年内最終の渦とチェリーサロンにお越し下さりありがとうございました!

前半の「目隠し実験タイム」、目隠しの状態で朗読を聞き何か分からないものをサーブを受け味わう、という座興。目隠しするものとされるもの、お客様と私達の化学反応で、フロアがひととき不思議な空間となりました。※テキストは谷崎潤一郎「美食倶楽部」。食べたものは・・・後でチェリーに聞いてくださいませ。

 

後半怒濤の闇鍋+アンデパンダン朗読会では、それぞれ個性豊かな四人の競演となり、朗読が終る毎に闇鍋に闇具を入れてゆくという趣向。思ったよりもずっと美味しい鍋となり、ご満足いただけたのではないでしょうか。闇鍋奉行チェリーとしては、嬉しいやらちょっと悔しいやら。

でも、鍋っていいですね。湯気といいにおいがサロンをより和やかにしてくれたようで、お客様同士のお話もはずんでいたようです。

 

色々と試行錯誤の渦チェリサロン、来年は2月を予定しております。大正昭和期の怪奇幻想小説世界のコンセプトをより深めつつ、より皆で世界を共有しあえるひとときをつくり出していけたらと思います。

「渦とチェリー」ながしよみYouTube版 12月より毎週水曜夜配信!

【ニュース】

かねてより準備しておりました、渦チェリの「ながしよみ」がYouTubeにて毎週水曜夜に配信となります。大正昭和期の怪奇幻想小説を中心とした朗読を、おやすみ前のひと時ウトウトしながら聞いていただけたら幸いです。

12月は橘外男「蒲団」を、全5夜(5夜目はノーカット版)でお届けする予定です。

初めての試みという事で、カメラマンの松山氏も出演のチェリーも、そしてマスコットの“こけしちゃん”も大変緊張いたしました。次第にこなれてまいります、また、チェリーの朗読の腕もあがっていく予定ですので、どうぞごひいきに。

幽霊譚ばかりでなく、探偵小説や幻想譚等、純文学から大衆小説まで、広い視野で狭い趣味にて探して読む予定です。古き佳き暗がりとレトロモダンな日本を味わいましょう。そしてサロンイベント会場でもある Night Cafe Crowさんをお借りしての収録です、サロン会場となるお店の雰囲気も味わってくださいませ。店長の咳払い等聞こえましたらご愛嬌。

↓下記「怪奇幻想クラブ「渦とチェリー」」チャンネル登録してくださると、更新のお知らせが届くので便利です。

怪奇幻想クラブ「渦とチェリー」チャンネル

★ちなみに、チェリーがお部屋でブツブツと読みます「ツイキャス版ながしよみ」もゆるゆる続けてまいります(火曜金曜夜12時頃より 帰宅できない夜はごめんなさい汗)こちらもこれまで同様、ウトウトお付き合いくださいませ。

http://twitcasting.tv/kwaidanbar