7月サロン「渦とチェリー」準備着々!イメージソングも完成

7月は13日(日)の渦とチェリーサロンイベントに向けて、今回も趣向を凝らして皆様と楽しいひとときを過ごすべく、準備をしております。現時点で決定しております内容ですが、

まず一番にお知らせしたいのは、

「渦とチェリー」のイメージソングがついに完成!13日のサロンで聞けます。

タイトルは

「モノガタリノ、渦」。

イメージソングを手がけてくださいましたのは、RindaさんとKaoriさんによるユニットcanariya。つい口ずさみたくなるようなメロディーと共に、語り紡がれる物語の渦に巻き込まれてしまう、そんな素敵な歌になりました。様々な楽器を駆使し着物姿でのステージングが印象的なお二人ですが、今回も艶やかなお着物にてご来店いたします。そして・・・この事は次回8月スペシャルへの伏線となるのであります・・・謎。

→そんな彼女達のライブ情報は→ canariya web site

 

そして、

今回のテーマは「ドッペルゲンガー」、ということで

好評のフレディ氏による衆道小説朗読もドッペルゲンガーもの、今回はさらにゲストで柊子さまによる百合小説朗読もあります。思いがけず「薔薇」と「百合」、妖しいコントラストになりそうです。

さらに、今回はダンスパフォーマンスもあります。

勿論、もちろん大正昭和初期の怪奇幻想小説朗読ございます。

そして7月サロンでは「渦チェリ新聞第二号」発行。今回も関西在住アーティストのunderline氏寄稿小説等、ドッペルゲンガーについての読み物を集めております。芥川は死の前に自分のドッペルゲンガーを見たと言われておるそうですが・・・新聞記事然り、時間が許せば皆様とお話する話題も、芥川龍之介の「歯車」や谷崎文学等にも触れられたらいいなあと。

パフォーマンス開始は18時半頃よりゆるゆる休憩はさみつつ、20時頃まで。まったりとチェリーやお客様同士でお話したい方は17時開店すぐ位からがおススメです。途中入退場自由です。初めてお越しになる方にも居心地よく過ごしていただけるように心がけておりますが、広い店内ではないので、息苦しい感じがしたら外へ出てまた戻っていらしてもオーケイ。魔都六本木の妖しい夜風に吹かれるもよし。

【7月サロン詳細記事】

 

本日の新聞配達「新宿 アビエタージュ様に」

7月13日(日)開催サロンの広報活動兼ねて、再び「渦とチェリー新聞」創刊号を配る活動開始。

アンティークやゴシックやスチームパンク等が集められたクローゼットのようなサロンのようなお店、新宿はアビエタージュ様にも、定期的に渦チェリ新聞置かせていただくことに。早速、創刊号を置いてまいりました。とても親切に対応してくださいまして、ありがとうございます!(ああここで写真だったなと、若干後悔。)ジワジワと、渦チェリ新聞設置場所増やしてまいります。ただし、やっぱりちゃんと読んでいただきたいので、フライヤーよりは若干場所を選んで設置させてもらわなければ。

どうしても、読みたい!という方、地球上であれば、物理的に送ること可能な場所であれば出来る限りお届けしたいです。

そして、

次回サロンは7月13日(日)。テーマは「ドッペルゲンガー」です。このテーマは新聞のテーマともリンクしておりまして、ドッペルゲンガー、共歩き、離魂病、ブロッケン山の怪人等等、様々な名前で様々な文学に現れるこの不可思議な現象について、記事が集まればいいなあ。大変だけど、目指せ増ページ!

そういえば、

以前、32号室公演で谷崎潤一郎の「人面疽」を扱ったけれど、この物語の大枠も、「自分が撮影した覚えのない自分主演の映画があちこちで上映されているらしい」という謎に怯える女優のお話なので、タイトルこそ人面疽なれど、要素としては大いにドッペルゲンガーなのではないだろうかとふと。そんな様々なお話が皆様と出来たら・・・。

予約開始!怪奇幻想クラブ「渦とチェリー」7月サロン

 

テーマは「ドッペルゲンガー」
「渦とチェリー」7月サロン テーマは「ドッペルゲンガー」

お待たせいたしました。いよいよ7月サロンご予約開始。

ご予約方法は

1)渦チェリへのメール2)会場のNight Cafe Crowさんへ(電話対応もしていただけます)、もしくは3)Facebookイベントページへの「参加する」4)Twitterアカウントにリプライ@kwaidanbar のいずれか。ニックネームでのお申し込みで大丈夫です!1日以内に返信やリアクションがあればご予約完了。ざっくりで申し訳ありませんが、きちんと把握は出来ております。尚、当日フラリの方も歓迎いたしますが、あまり広い場所ではなくまたご予約特典をご利用いただくと何かとお得ですので、ご予約をおススメいたしております。

今回のテーマは「ドッペルゲンガー」。
日本では「共歩き」というそうです。もう一人の自分の姿を見てしまう、脳機能の不具合かはたまた魂と肉体の乖離か、古の文学から現代に至るまでこの現象について扱われる事は多く、また実際に経験のある方もいらっしゃるかと。

梅雨明けやらぬ湿った六本木の夜、ドッペルゲンガーを肴に「渦とチェリー」で飲みましょう。怪奇幻想文学朗読&パフォーマンス開始は18時半頃から!渦チェリ新聞最新号も受けとれます。初めての方もそうでない方も、皆様、CROWでお逢いしましょうね。★本イベントはお酒の提供がありますので、未成年の方はご入場出来ません★また、テーマに沿った文学作品や怪奇な事物について語らったり、パフォーマンスタイムを楽しむ内容ですので、踊ったりは出来ません明治大正昭和初期位までの文芸作品好きな方、お話相手が見つかるかも知れません★

—————
日時:7月13日(日)17時開店21時頃まで
★パフォーマンス開始18時半頃より 途中休憩あり。
場所:六本木Night Cafe Crow
チャージ:1500円(途中入退場自由)
◎ご予約特典:おふだ2枚
(おふだは通常5枚1綴1000円にて販売)

【おふだとは】「渦とチェリー」内で、パフォーマーの方へペタリと貼ってチップの代わりにしたり、おつまみと交換出来たり等等、楽しく使えるイベント内チップです。
余ったおふだは次回へ持ち越せます。
ただし、粘着面を剥がしてしまったものは無効。
当然の事ながら、今回もすべてチェリーの書き下ろしやっつけ手書きイラストです!

DJ:フレディ・ダミザイド

◆おつまみガール、おつまみ姐さん出勤なるか!?
◇「渦とチェリー」PV到頭完成!フルCG!そして前回お披露目より200%パワーアップにてお披露目。
◆ドッペルゲンガー特典大考慮中。まさかとは思いますが、ドッペルゲンガー連れでいらした方(自己申告可)、どえらいことなので大特典をつける予定。

★出演者等、パフォーマンス内容詳細決定次第、随時追加記述してまいります。

怪奇幻想クラブ「渦とチェリー」5月サロン報告

「怪談バー@怪奇幻想朗読会」から名前を改めましてはや半月。 怪奇幻想クラブ「渦とチェリー」という名称の持つポテンシャルはまだまだ謎、ぐるぐる渦のはてなマークであります。6月ひと月空きまして、次回は7月。夏場に怪談という趣向も日本人としては押さえておきたいので、サロンイベントは7月8月と連続で行おうかと思案中です。 さて、 5月のサロンはどうだったのか。簡単なご報告といいますか、記録をいたします。

【テーマ】まじない 於:六本木Night Cafe Crow

「まじない」は「呪い」という漢字をあてます。新聞ではまじないに関するざっくりコラムを掲載(「渦とチェリー新聞」はサロンイベントの際に発行しております つまり、一番早く最新号を手に出来るのはサロンイベントです)、「渦とチェリー」PV作成途中の映像をご披露、チェリーが泉鏡花の「黒壁」という、丑の刻参りをモチーフにした掌編を朗読いたしました。また、衆道小説を自ら書いて読むフレディ・ダミザイド氏はオスカーワイルドの「幸福の王子」へのオマージュ的作品を、一人芝居の東京ディスティニーランド氏は黒いシック&キュートな女装でファンのリクエストによる演目を。ご来店のお客様への特別おまけは「点取り占い」。関東では駄菓子屋さんで見た懐かしいグッズですが、どうやら関西にはないらしく、関西出身及びお若いお客様は珍しげに受けとっておられました。 テーマあんまり関係ないがな、というつっこみはさておいて。

◎ドリンクの人気はやはり「六本木梅心中」。今回は「弱・中・強」三段階に設定、心中(酔いつぶれ)したくないけど飲みたい!というチャレンジャーのニーズにお応えできたかと。 さらに、衆道小説にちなんで「お稚児さん」「爆弾若衆」と命名されたカクテルも今回お目見え。前者は赤玉とカルピスを組み合わせたカワイク酔わせるソフトなシロモノ、引き換えて後者はハード、いわゆる「バクダン」と呼ばれるビールの◎×割カクテル。 ちなみにソフトドリンクは、やはり初恋の味カルピスが人気。

◎おつまみ(1皿200円もしくはおふだ1枚)

  • パイン蜂蜜漬け
  • 自家製ニンニクピクルス豆入り
  • チーズ味噌漬け
  • バナナチップス
  • 温泉卵サラダ

◎物販

  • 連使コラボ半襟(黒・赤)
  • 写真(32号室/大正美人アンティーク)