「渦とチェリー新聞」カテゴリーアーカイブ

ツイキャス今後、渦チェリ新聞の事、作品の事など

ツイキャス版のスナック「月と手袋」、二日間連続お試しをいたしました。オンタイムでご視聴いただきました皆様、ありがとうございました。そして、これからアーカイブを聞かれる皆様、ご感想アドバイスお寄せくだされば幸いです(「やめろばか」的な事はアドバイスではないと割り切ります)。

バーチャル狭小スナック「月と手袋」

https://twitcasting.tv/kwaidanbar

数年前まで「ながしよみ朗読」という形でツイキャスをしておりましたが、部屋での朗読は自分の万全ではないのと視聴くださる方が少ないのと(いやいやありがたい事なのですが)で、時間を作ってやる意義があるのかと心が折れてやめておりました。
おそらくですが、私のツイキャスに対する認識が足りず、「こうだったら良い」という思い込みが先に立っていたせいかなと。今になって思えば、ですが。

新規ツイキャス「月と手袋」は、前回の記事に書いた通り、ゆるくやっていく予定です。お酒を、飲めない方はギュニュピスでもちびちびやりながらお付き合いくださいませ。
時間帯は、大体23時半くらいから1時間程度を考えています。
週一、かなあ。多いですか?これもゆるゆると。
何曜日がいいでしょう?ご希望あればご連絡くださいませ。

「今回の肴」というのを決め、朗読をチビっと、そしてそれにまつわる雑談と、今まで発行します告知のみだった「渦とチェリー新聞」の中身についてもチラッと触れたりするという内容です。
「新聞」「朗読」「ダンボール絵」と、散らかり放題の活動についてのプラットホームみたいになるのではないかなと。
そして、あわよくば新聞がもうちょっと読まれて欲しい。です。

調子に乗って「月と手袋」Tシャツも販売

また、別件ですが、時流に乗ってネットで何かしら販売する計画も実行し始めております。

まずはsuzuriさんというオリジナルグッズ(Tシャツとか)を販売するサイトで、自分の過去作品をTシャツやマグカップにしております。
渦チェリの世界を知ってもらえる宣伝、にちょっとなればいいかな。

それと、ダンボール指輪というのを作っており、これもどこかで売れたらいいなあ。ダンボールの絵はでかいけど、指輪なら、指にはめて眺めて楽しめますもんね。

ダンボール指輪
ダンボール指輪試作


いわゆるダンボールなので、飽きたら捨てて結構です。
あ、一応土台はダンボールではなく金属(ブリキみたいな感じかしら)ですし、ニスでコーティングはしております。こちらについてはまた改めて後日ブログに。

【お知らせ】ツイキャスを今更ですが…

「渦とチェリー」Twitterアカウントでのツイキャス「ながしよみ朗読」をリセットしました。
未熟な過去アーカイブは消去されました。

長々ぶっつけ本番な自室内朗読でお耳汚ししておりましたが、
新たな気持ちで
狭小スナック「月と手袋」という名に変えてポツポツやろうと思います。
2019年に「渦とチェリー新聞」に小説を寄せていただいている_underlineさんとコラボで、画廊珈琲Zaroffさんでやった模擬スナックの名前をとりました。ラインさんすんません笑。

ながしよみの感じで朗読はさせていただくのですが、題材についての解説や四方山話を多目にしようかと。それと、細々と数奇な変遷をしながらも続いている「渦とチェリー新聞」についても話せたら。
これまでとあまりかわり映えはしないかもですが、
あの、大抵ママが一人でくだまいているスナック「月と手袋」をバーチャルで、という、まあ、気の持ちようを変えた、と。

とりあえず、明日というか今日16日22時過ぎくらいからお試しでやってみます。
松本清張の「黒革の手帳」を肴にします。脱線ありで。
アドレス変わらず↓

https://twitcasting.tv/kwaidanbar

コロナと「渦とチェリー新聞」

15号の紙面を「過去倉庫」に追加しました!

続いています、遅れながらも間違いながらも。
「渦とチェリー新聞」。もはや頭についているはずの「怪奇幻想クラブ」がどっかにいっている感は否めませんが。
それでも、寄稿者の方々読者の方々との大人の新聞遊びは続いております。

コロナ感染拡大につれて、世知辛い世の中になりました。
感染拡大防止の為不要不急の外出は控えましょう、という事から、
イベント関連の方々、飲食店、ギャラリー、他、人との繋がりを持つ場に関わる界隈が大打撃を受けております。
「渦とチェリー新聞」は、
部数こそ少ないものの、そんな界隈の隅っこにひっそりと置かせていただいております。チェリーの脳内では、擬人化された新聞達が、それぞれのお店の隅で、誰かの手にとられることを夢見ながら、人々が行き交う甘やかな空気を嗅いでおりました。

SNSを拝見したりお噂をお聞きしたりしております限りでは、それぞれ、営業自粛や営業形態を変えたりと、この困難を乗り越えようとされているようです。
中には、営業形態が変わることで新聞を置くのが難しくなりそうな場所もあり、のほほんと「渦とチェリー新聞」を続けていいものかと若干落ち込んだりもしましたが。
浮世離れののほほんさが「渦とチェリー新聞」でございます。

今後、置いていただく場所に変化があるかもしれません。

変わらず、時流逆行型の「紙の形」でお届け続けます。不要で不急な新聞をこれからもよろしくお願いいたします。

「渦とチェリー新聞」は無目的のフリーペーパーです。政治的なことからも宗教的なことからも思想的なことからもフリーであります。また、何かしらの勧誘行為も致しません。ただただ、大人の新聞遊びの場であります。
ご希望の方には郵送いたします。もちろん、フリーです。

次号は5月末くらいの発行予定です。

上からの物言いに感じられたらごめんなさいですが、
お店様ギャラリー様イベント関連の方々、苦境を乗り越えてまた素敵な場を私たちに提供してくださいますように。いつもいつもありがとうございます。

記事とは関係ないです。肩の力を抜いていただければ幸いです。

「渦とチェリー新聞第15号」発行しております。

4月になりました。
不要不急の外出自粛なこの状況、いつまで続くのやら。
いつも「渦チェリ新聞」を置いていただいているお店様も心配です。
お世話になっているけれど、こんな時、何のお役にも立てないもどかしさ。
皆様にマスク一枚おまけにつけてやる程の大きな存在でもなし。
早くみんなの、そして私らの日常を取り戻せますようにと、
願うばかり。

今回より参加の、消しゴムはんこの「善印ウトウ商店」さんが、ご厚意で「コロナ退散願い札」なるものを作ってもらったので、いつも配布しているお店にもお配りいたしました。
これまた消しゴムはんこが押してある和紙の袋に入っております。
欲しい方、まだ少しだけ残っているので、お分けいたします、ご連絡ください。
あ、あくまで洒落なので、実際の効力は期待しないで、
と、ウトウ商店さんも言っておりました。
手にとって、ちょっと微笑んで貰いたい。

他、今回もバラエティに富んだ人達が記事を寄せてくれております。
新聞は個別に郵送もいたしますので、お問い合わせくださいませ!

次号のテーマは「猿」!5月末くらい発行前後します。

【渦とチェリー新聞第15号目次】

テーマ「鳥」

渦チェリ「鳥恐怖症」1頁
 イラスト(立島夕子)
「Paranoia人形奇譚」(識実カナン) 2頁
「えもろぐ Vol.6」 emo. 3頁
小説「拆発」( _underline) 4/5頁
「あの街この街グル巡り」(松本格子戸)6/7頁
「鳥と島」(善印ウトウ商店)7頁
占い詩手帖(太田翔)/編集後記 8頁

【渦とチェリー新聞は下記のお店にあります】
※場所は変更になる可能性があります。
また、下記以外に、イレギュラーに置かせて貰う場合もあります。いつかどこかで渦チェリ新聞。確実に出会いたいかたは、個別に郵送も承ります。メールにてお問い合わせくださいませ。
ーーーーーーーー
初台 画廊珈琲Zaroff
新宿Beer&Cafe BERG
高円寺 喫茶マチモ
江古田 フライングティーポット
三鷹 点滴堂
江戸川橋 絵空箱
神戸 古本屋ちんき堂神戸 歩歩琳堂画廊
難波 夕顔楼
中崎町 カフェ朱夏実人
京都 ライト商会Toe Cocotte(サロン)

「渦とチェリー新聞」過去倉庫作りました。

こちらのページです「渦とチェリー新聞過去倉庫」

「渦とチェリー新聞」2017年末から最近のものまで、pdf形式でデータをアップいたしました。
暇つぶしにご覧いただけます。
紙で発行するアナログの形にこだわっておりましたが、
貧乏なチェリーの懐事情と全部一人で作業している都合により、発行可能部数に限りがあります。せっかく書いていただいている記事がこれじゃちょっと勿体無いな、せめて記録として残しておきたいなと昨年末くらいから思っておりまして・・・
途中、PCが壊れるなどの事件があり、一部残っていないデータもあります。当初は記事毎にまとめて読みやすく、とも思いましたが、案外大変な事に気付きまして、また、大人の事情なども若干ありまして、多少不親切な形ではありますが、印刷前の版下みたいな形のものをそのまま掲載してあります。
勿論、無断複製を禁じます。

しかし、まあ、新聞を復活してから足掛け3年になるんですね。
クロウさん時代から数えたら一体何号出していることやら。
本当に初期から欠かさず書いてくださっている_underlineさんの小説をはじめ連載陣も充実してきました。
並べてみると、面白いです。

怪奇幻想かどうかなんてもうどうでもいい感じになっておりますが、この、継続しているからこそのなんとも言えない雰囲気は、大事にしていきたいと思っております。

これからも、渦チェリ新聞よろしくね。

郵送で定期購読?フリーペーパーを購読というのかは謎ですが、
ご希望の方メール頂ければ幸いです。

次は3月末くらい発行。特典が付きます!

「渦とチェリー新聞」第14号発行 本年もよろしくお願いいたします!

2020年になりました。
「渦とチェリー新聞」第14号、発行しております。
いつも置いていただいている場所にはすでにお目見えしております。個別郵送の方には、ポツポツ届いている頃です。


拠点をザロフに置いてから14号。もう14、まだ14。
因みに、ザロフさんが発行している訳ではなく、「確実に置いて貰う」という形でご協力いただいております。
先はわかりません、拠点は変わるかも知れません。
チェリーがしんどくなってやめちゃうかも知れません。
でも、出来る限り続けたいです。

遅れたり、色んなミスややらかしがありますが、
本年も、笑ってお見逃しいただいている皆様、どうかよろしくお願いいたします。

本年の渦チェリ新聞としての抱負というか予定ですが、
過去新聞を本HP上で読めるようにしたいなと。
あくまでアナログ、紙にこだわってはおりますが、
発行部数には限りがあり、これ以上増やすのはチェリーの懐的に、また、作業的に大変。
なので、
アーカイブという形で遅れて読める感じにしようかなと。

また、記事も、
識実カナン氏による「Paranoiaグルメ奇譚」が、次号よりお休みで、同氏の新しいシリーズが始まります!お楽しみに。
創刊より掲載している_underline氏の小説も、昨年後半から新しい章に突入、チェリーが挿絵をつける試みをしております。

尚、今回紙面の都合で残念ながら掲載できなかった
いよかん氏のポエムをこちらに公開いたします。

次号は3月!テーマは「鳥」。ねずみ年なのに鳥、です。

【渦とチェリー新聞第14号目次】

テーマ「雪」

渦チェリ「雪の女王はありのまま」1頁
 イラスト(立島夕子)
「Paranoiaグルメ奇譚」(識実カナン) 2頁
「えもろぐ Vol.5」 emo. 3頁
小説「闇霙」( _underline) 4/5頁
漫画「珍奇喧騒クラブ」(三丈晶生)6/7頁
占い詩手帖(太田翔)/編集後記 8頁

【渦とチェリー新聞は下記のお店にあります】
※場所は変更になる可能性があります。
また、下記以外に、イレギュラーに置かせて貰う場合もあります。いつかどこかで渦チェリ新聞。確実に出会いたいかたは、個別に郵送も承ります。メールにてお問い合わせくださいませ。
ーーーーーーーー
初台 画廊珈琲Zaroff
新宿Beer&Cafe BERG
高円寺 喫茶マチモ
江古田 フライングティーポット
三鷹 点滴堂
江戸川橋 絵空箱
神戸 古本屋ちんき堂神戸 歩歩琳堂画廊
難波 夕顔楼
中崎町 カフェ朱夏実人
京都 ライト商会Toe Cocotte(サロン)

狭小スナック「月と手袋」無事終了。

6月23日(日)〜7月2日(火)、初台の画廊珈琲Zaroff一階別室にて
狭小スナック「月と手袋」展示&スナック営業インスタレーション無事終了いたしました。
梅雨真っ只中にも関わらず、多くの方々にのぞいていただき、
また、スナックを盛り上げてくださり、
本当にありがとうございました。

_underline氏の沢山のゴム手袋達の中に、チェリーの段ボール作品。そして、昭和感溢れるにせラジオ放送、懐かしの顔はめ絵。
さらに、

奇妙に時空の歪んだような狭小空間の中での
スナック営業は、
お客様と、日替わりの個性的なホステスたちを巻き込んで
小さなドラマが連日生まれておりました。
ある人は手持ち無沙汰からカラオケをし、
ある人は手袋達をうっとりと眺めつつお酒を飲み、
ある人は人生相談をし、
ある人は偶然の再会におどろき、
ある人は演奏をし、
ある人は酔っ払って上機嫌になり、
その場で消えてしまう沢山のどうでもいい話をし、
そして、
閉店時間には綺麗さっぱり追い出され、また次の日を迎える。
それは会期中繰り返され、
あたかもずっと
そうしていたかのように。
ずっと、そこにあったかのように、
狭小スナックは稼働しておりました。
そして、

今度は本当に、綺麗さっぱり、
消えて無くなったスナックです。

改めまして、私と_underline氏のコラボ展示
狭小スナック「月と手袋」にご協力いただきました皆様に感謝いたします。

ホステスをやってくださいました
芳乃さん(源氏名)鏡子さん(源氏名)
もも。さん(源氏名)ドドスコ幸子さん(源氏名)
日比野cry哀さん(源氏名)

有形詩人有賀眞澄さん
宣伝記事掲載してくださいました
TH編集の方
画廊珈琲Zaroff石井さん

_underline http://lineunder.blogspot.jp/

なお、
会期中会場で流しましたにせラジオ(渦とチェリー新聞を主に元ネタにした内容です)につきましては、こっそりご連絡いただければ無料でお送りいたします。

狭小スナック「月と手袋」やります!

狭小スナック「月と手袋」チラシ表
狭小スナック「月と手袋」チラシ表
狭小スナック「月と手袋」チラシ裏
狭小スナック「月と手袋」チラシ裏

「渦とチェリー新聞」から生まれた企画、
なんとZaroffさんの一階別室でやります。

その名も、

狭小スナック「月と手袋」。

「昭和のスナック」をテーマにした_underlineとチェリー木下のコラボインスタレーションです。
平たく言えば、あくまで二人が言い張る”スナック”という空間を作り、展示するというもの。

チェリーのダンボール作品と朗読(どんな形かはお楽しみ)、
そして大量のラテックスラバー手袋のインスタレーションの_underline氏の作品。

「月と手袋」ならぬ、「ダンボールと手袋」。

ちなみに・・・「月と手袋」は江戸川乱歩のミステリ短編のタイトルでもあります。


しかも、狭小、です。

何しろ、会場はZaroffさんの一階喫茶店に隣接した「別室」という名のせまーい空間。これに展示が入ってお店になるんだから、息苦しさ満点。

でも、
子供の頃、秘密基地と称して物置とか縁の下とかに集まっていろんな話をした・・・あんな感じになるのかな、と妄想したり。

一人でまったりと過ごすのもいいかもしれない。

会期中、実際に模擬スナックを営業いたしますが、それ以外の時間帯は展示としてお楽しみください。
ギミック沢山用意する予定。
でも、予定は未定なので、できるだけ沢山出来たらいいな、というに留めておきます、今は。
徐々にご紹介&ご案内いたしますね。


会期:2019年6月23日(日)〜7月2日(火)
於 Zaroff一階別室
12:30〜21:00 *最終日は午後5時にて終了。

【展示のみ鑑賞の皆さまへ】展示自体は無料でご覧いただけます が、会場が一階喫茶と繋がっておりますので、その際は喫茶のご利用をお願いいたします。


「スナック営業」

日時:6月23日(日)と、6月27日(木)〜7月1日(月)
各日18時位〜21時(21時完全閉店)
セット料金(チャージ+飲食)2000円
*Zaroffのメニューも注文可能(別料金となります)


なお、6月27日(木)は、二階「影向のたわみ展」にて連句会「月と手袋」を開催。スナックのお客様も参加可能です。堅苦しくない催しですので、連句(俳句)初心者の方もお気軽にご参加ください。

★ツイッター・インスタグラムで会期中の様子などが見れます。#スナック月と手袋

渦とチェリー新聞第9号残少!今回の内容等

毎度のんびりした記事掲載で恐縮です。
3月末に発行いたしました「渦とチェリー新聞」第9号は、4月の桜前線とはなんら関係なくゆっくりと関東および関西方面に配布され、お店の片隅に今も小さなお花を咲かせております。

つい、春の陽気にポエミーな表現をしてしまいました。

とはいえ、お陰様で現在チェリーの手元にある新聞は残わずか!
現在、初台のザロフには確実に置いてあります。
郵送ご希望の方も、まだ間に合います。
(そうこうしているうちに、5月末の第10号発行となりますが)
郵送にて定期購読(?フリーペーパーなのでなんと言って良いやらです)する方も徐々にですが増えております。
お気軽にメールやSNSのコメントなどでお問い合わせくださいませ。

さて、
今回のテーマは「花」。いつものチェリーの雑文から始まって、
識実カナン氏の「パラノイアグルメ奇譚」はお花見と桜餅とユイスマンス・・・あなたはどっちの桜餅?詳しくは本文にて。

パラノイアグルメ奇譚(識実カナン)
「どっちも桜餅!」

そして安定の狂気「くるくるパンマ先生の占い詩手帖」、
_underline氏による連載小説この独特な作品世界を味わえるのは「渦とチェリー新聞」だけ!!

新コーナーは二つ、
一つは・・・無謀にも投稿俳句コーナーを立ち上げております!
見切り発車もいいとこですが、ありがたいことに、
今回はいよかん氏が沢山投稿してくださいました。
イラストは立島夕子氏、図らずも両氏のコラボコーナーとなりました。いいコーナーに育つ予感がすごい!

もう一つのコーナーは、
松本格子戸氏による「あの街この街グル巡り」。焼きカレーの「ストーン」とトンカツ「藤吉」。
・・・読むだけでさっき食べたはずなのにもうお腹が空く!
独断と今日の気分で「藤吉」さんの画像をカラーで掲載いたします。うーん、素敵な佇まい。



松本格子戸のあの街この街グル巡り
佇まいから美味しそうなとんかつ「藤吉」

【渦とチェリー新聞置かせていただいてます】順不同(2019年4月現在)
Zaroffには比較的沢山置いてあります。置いていただける場所絶賛募集中!!

★関東方面
画廊珈琲Zaroff(初台)
Beer&Cafe BERG(新宿)
喫茶マッチングモール(高円寺)
カフェ・フライングティーポット(江古田)
点滴堂(三鷹)
Gothic Bar プラシーボ(野毛)

★関西方面
古本屋ちんき堂(神戸)
夕顔楼(難波)
カフェ朱夏美人(中崎町)
Toe Cocotto
京都ライト商會

カンパ強化月間です!渦とチェリー新聞

おかげさまで徐々に置いていただく場所も増えております「渦とチェリー新聞」ですが、一人で発行しているフリーペーパー故に、部数が増えれば増えるほど、チェリーの睡眠時間とポケットマネーが削れていくという、楽屋内では負のスパイラル状態が長らく続いております。
郵送受け取りの方からの切手等の寄付、大変ありがたく頂戴しております。
がっ、

今後も増えていく予定の設置場所に備えねばなりませぬ。
せっかくの機会を頂いても対応できなければ!
そして、遠方で郵送ご希望でお手元に欲しい方のご新規開拓もしたいところ!

で、

3月は「カンパ強化月間」といたしまして、
渦チェリでもカンパの「返礼品」をご用意することにいたしました。

内容は以下です。

A 切手五百円分までカンパの方に「おふだ三枚セット」
B切手シート・現金・図書券など五百円分以上の方に
「おふだ五枚セット」+お楽しみの何か(渦チェリ的なもの)
★「おふだ」とは、数年前渦チェリサロンで使用したような、チェリーが手書きで夜中半ばトランス状態で、五十枚百枚と描くおふだです。ご利益は不明、意味も不明。おふだは新たにかき起こします。

六本木CROWさんサロンイベント時代に使用したおふだ(夢野久作の猟奇歌バージョン)

「返礼品」対象は3月中のカンパとさせていただきます。なお、カンパ自体は年がら年中受付しております。

お申し出は恐縮ですがメールにて!→こちら
また、フェイスブックページやツイッターにても受け付けております。送付先住所をお返事させていただきます。