uzutocherry のすべての投稿

「怪談 ぐるぐる化猫屋敷」お話の概要

 鍋島の猫騒動、と、いういわゆる化け猫にまつわる事件がございました。

肥前の国、今の佐賀あたりに龍造寺隆信という戦国大名がありまして、九州三強と言われる程の武将だったのですが、不覚にも戦いで命を落とします。そこで息子の政家が跡を継ぐ訳ですが、この政家が病弱だった為、実際の国政はというと隆信の義理の弟にあたる家臣の鍋島直茂が掌握いたします。やがてこの名ばかりの国主であった政家は豊臣秀吉の命によって隠居させられ、家督はその息子龍造寺高房という人に譲られます。が、これも名ばかり。そして取り立てられるのは本来家臣であるはずの鍋島家、秀吉から徳川家康の時代になっても、龍造寺家は何かと冷遇されます。高房は家康の監視下に置かれ江戸屋敷へ、藩は実質鍋島家のもの。そしてとうとう悲劇は起こります、自分の立場に絶望した高房が、慶長十二年(一六〇七年)三月三日、妻を刺し殺し、自殺を図ります。その時は一命を取り留めたのですが、精神を病んで最後は悲惨な死を遂げます。隠居していた父の政家も、息子の死に心を痛め病死。

これは化けて出ない方がおかしい、いや、化けて出てもいいよと言いたいほど気の毒なお話。

史実には、猫は出て来ませんが、この騒動がベースとなって、後に歌舞伎の演目として上演されたのが鍋島の猫騒動。物語では、飼い猫が主君の恨みを晴らすべく化けるわ呪うわ・・・でもこの演目は、鍋島側からクレームが来て上演中止になったのだそうです。今でいうところのコンプライアンスというやつでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「怪談 ぐるぐる化猫屋敷」のお話は前編(江戸編)後編(昭和編)の二部構成です。
前編の後、休憩が入ります。

江戸編
物語の発端は江戸時代、ある武家屋敷のお家騒動。
後継が生まれない旗本五大堂家に、養子として迎えられた菊之介。我が子のように可愛がられ、愛猫の田茂と共に心の優しい少年に育ちました。
ところが、五大堂家に実子雪之介が産まれると、
菊之介は黒島家に返されてしまいます。
再び菊之介が五大堂家を訪れた時、悲劇が起こります。

昭和編
時は流れ昭和三十年台。
女優の黒島ミチルの邸宅にお手伝いとして住み込む事となった
薄幸の少女五大堂滝子。屋敷内にある離れには絶対に近づかないようにと言われていたのですが、ふとした事から足を踏み入れてしまい、黒島家の秘密を知ってしまいます。
自分がかつての五大堂家の子孫であることを知った滝子は・・・。

ちなみに、
「ぐるぐる化猫屋敷」の「ぐるぐる」は、
因果は巡る、のぐるぐるという意味と、渦とチェリーの「渦」の部分をなんとなく表したかった、という程度の意味合いで、実際、物語の中にぐるぐるは出てまいりません。

実はまだ、現時点(8月23日現在)でお話は完全に仕上がってはおりません。あらすじとプロット(偉そうに)は出来たのですが、さて、これにどう味付けをしようかと思案しているところです。ギリギリまで悩みます。
「怪談」とついておりますので、そこはきちんと怖く、
そして、化け猫ちゃん達の活躍?を楽しんでいただきたい・・・。
かつて街角に現れたという紙芝居や講談本の手触りに憧れる時代錯誤の物語、身も痩せる思いで取り組んでおります。

パノラマ朗読「怪談 ぐるぐる化猫屋敷」

パノラマ朗読「怪談ぐるぐる化猫屋敷」やります。

ごぶさたです。
みなさまいかがお過ごしでしょう?
さて、9月27日(金)に久々パノラマ朗読をやります。
そして、数年ぶりにオリジナル書き下ろしです。

世は江戸以来の長期猫ブーム、なら猫だ、チェリー的に猫ちゃんと言ったら化け猫だろう、というのは半分冗談で、敬愛する橘外男先生の化け猫小説へのリスペクトを込めて。
場所は、昨年、怪奇幻想朗読の常川博行さんをお招きして開催した「怪奇朗読合戦」の際にお世話になりました、新宿五丁目のバーCON TON TONさん。
今回は一人でがっつり容赦無くやります。
そして
パノラマ朗読につきものの、ダンボール看板絵も作成展示予定です。
金曜の夜、遊びにいらしてくださいませ。

パノラマ朗読「ぐるぐる化猫屋敷」江戸編/昭和編

日時:2019年9月27日(金) 19時半頃開演(途中休憩あり)
場所:バーCON TON TON 新宿5丁目
料金:2500円(1ドリンク付&ささやかなおまけ付)
ご予約問合せは→メールにて

◯お店は19時開店です。来た方順にお座りください。
◯バーでの上演なので、あまり堅苦しくなくご鑑賞いただけたらと。
他のお客様が困らない程度に寛いでご鑑賞くださいませ。
◯今回もダンボール看板絵を作成展示予定。
◯ご予約お問い合わせは「渦とチェリー」もしくはチェリー木下まで。
準備の都合上、なるたけ予約をお願いいたします。
◯行ってみたいけど初めてでご不安の方、お気持ちわかります。
ひとまずメールしてみてくださいませ。

狭小スナック「月と手袋」無事終了。

6月23日(日)〜7月2日(火)、初台の画廊珈琲Zaroff一階別室にて
狭小スナック「月と手袋」展示&スナック営業インスタレーション無事終了いたしました。
梅雨真っ只中にも関わらず、多くの方々にのぞいていただき、
また、スナックを盛り上げてくださり、
本当にありがとうございました。

_underline氏の沢山のゴム手袋達の中に、チェリーの段ボール作品。そして、昭和感溢れるにせラジオ放送、懐かしの顔はめ絵。
さらに、

奇妙に時空の歪んだような狭小空間の中での
スナック営業は、
お客様と、日替わりの個性的なホステスたちを巻き込んで
小さなドラマが連日生まれておりました。
ある人は手持ち無沙汰からカラオケをし、
ある人は手袋達をうっとりと眺めつつお酒を飲み、
ある人は人生相談をし、
ある人は偶然の再会におどろき、
ある人は演奏をし、
ある人は酔っ払って上機嫌になり、
その場で消えてしまう沢山のどうでもいい話をし、
そして、
閉店時間には綺麗さっぱり追い出され、また次の日を迎える。
それは会期中繰り返され、
あたかもずっと
そうしていたかのように。
ずっと、そこにあったかのように、
狭小スナックは稼働しておりました。
そして、

今度は本当に、綺麗さっぱり、
消えて無くなったスナックです。

改めまして、私と_underline氏のコラボ展示
狭小スナック「月と手袋」にご協力いただきました皆様に感謝いたします。

ホステスをやってくださいました
芳乃さん(源氏名)鏡子さん(源氏名)
もも。さん(源氏名)ドドスコ幸子さん(源氏名)
日比野cry哀さん(源氏名)

有形詩人有賀眞澄さん
宣伝記事掲載してくださいました
TH編集の方
画廊珈琲Zaroff石井さん

_underline http://lineunder.blogspot.jp/

なお、
会期中会場で流しましたにせラジオ(渦とチェリー新聞を主に元ネタにした内容です)につきましては、こっそりご連絡いただければ無料でお送りいたします。

狭小スナック「月と手袋」やります!

狭小スナック「月と手袋」チラシ表
狭小スナック「月と手袋」チラシ表
狭小スナック「月と手袋」チラシ裏
狭小スナック「月と手袋」チラシ裏

「渦とチェリー新聞」から生まれた企画、
なんとZaroffさんの一階別室でやります。

その名も、

狭小スナック「月と手袋」。

「昭和のスナック」をテーマにした_underlineとチェリー木下のコラボインスタレーションです。
平たく言えば、あくまで二人が言い張る”スナック”という空間を作り、展示するというもの。

チェリーのダンボール作品と朗読(どんな形かはお楽しみ)、
そして大量のラテックスラバー手袋のインスタレーションの_underline氏の作品。

「月と手袋」ならぬ、「ダンボールと手袋」。

ちなみに・・・「月と手袋」は江戸川乱歩のミステリ短編のタイトルでもあります。


しかも、狭小、です。

何しろ、会場はZaroffさんの一階喫茶店に隣接した「別室」という名のせまーい空間。これに展示が入ってお店になるんだから、息苦しさ満点。

でも、
子供の頃、秘密基地と称して物置とか縁の下とかに集まっていろんな話をした・・・あんな感じになるのかな、と妄想したり。

一人でまったりと過ごすのもいいかもしれない。

会期中、実際に模擬スナックを営業いたしますが、それ以外の時間帯は展示としてお楽しみください。
ギミック沢山用意する予定。
でも、予定は未定なので、できるだけ沢山出来たらいいな、というに留めておきます、今は。
徐々にご紹介&ご案内いたしますね。


会期:2019年6月23日(日)〜7月2日(火)
於 Zaroff一階別室
12:30〜21:00 *最終日は午後5時にて終了。

【展示のみ鑑賞の皆さまへ】展示自体は無料でご覧いただけます が、会場が一階喫茶と繋がっておりますので、その際は喫茶のご利用をお願いいたします。


「スナック営業」

日時:6月23日(日)と、6月27日(木)〜7月1日(月)
各日18時位〜21時(21時完全閉店)
セット料金(チャージ+飲食)2000円
*Zaroffのメニューも注文可能(別料金となります)


なお、6月27日(木)は、二階「影向のたわみ展」にて連句会「月と手袋」を開催。スナックのお客様も参加可能です。堅苦しくない催しですので、連句(俳句)初心者の方もお気軽にご参加ください。

★ツイッター・インスタグラムで会期中の様子などが見れます。#スナック月と手袋

渦とチェリー新聞第9号残少!今回の内容等

毎度のんびりした記事掲載で恐縮です。
3月末に発行いたしました「渦とチェリー新聞」第9号は、4月の桜前線とはなんら関係なくゆっくりと関東および関西方面に配布され、お店の片隅に今も小さなお花を咲かせております。

つい、春の陽気にポエミーな表現をしてしまいました。

とはいえ、お陰様で現在チェリーの手元にある新聞は残わずか!
現在、初台のザロフには確実に置いてあります。
郵送ご希望の方も、まだ間に合います。
(そうこうしているうちに、5月末の第10号発行となりますが)
郵送にて定期購読(?フリーペーパーなのでなんと言って良いやらです)する方も徐々にですが増えております。
お気軽にメールやSNSのコメントなどでお問い合わせくださいませ。

さて、
今回のテーマは「花」。いつものチェリーの雑文から始まって、
識実カナン氏の「パラノイアグルメ奇譚」はお花見と桜餅とユイスマンス・・・あなたはどっちの桜餅?詳しくは本文にて。

パラノイアグルメ奇譚(識実カナン)
「どっちも桜餅!」

そして安定の狂気「くるくるパンマ先生の占い詩手帖」、
_underline氏による連載小説この独特な作品世界を味わえるのは「渦とチェリー新聞」だけ!!

新コーナーは二つ、
一つは・・・無謀にも投稿俳句コーナーを立ち上げております!
見切り発車もいいとこですが、ありがたいことに、
今回はいよかん氏が沢山投稿してくださいました。
イラストは立島夕子氏、図らずも両氏のコラボコーナーとなりました。いいコーナーに育つ予感がすごい!

もう一つのコーナーは、
松本格子戸氏による「あの街この街グル巡り」。焼きカレーの「ストーン」とトンカツ「藤吉」。
・・・読むだけでさっき食べたはずなのにもうお腹が空く!
独断と今日の気分で「藤吉」さんの画像をカラーで掲載いたします。うーん、素敵な佇まい。



松本格子戸のあの街この街グル巡り
佇まいから美味しそうなとんかつ「藤吉」

【渦とチェリー新聞置かせていただいてます】順不同(2019年4月現在)
Zaroffには比較的沢山置いてあります。置いていただける場所絶賛募集中!!

★関東方面
画廊珈琲Zaroff(初台)
Beer&Cafe BERG(新宿)
喫茶マッチングモール(高円寺)
カフェ・フライングティーポット(江古田)
点滴堂(三鷹)
Gothic Bar プラシーボ(野毛)

★関西方面
古本屋ちんき堂(神戸)
夕顔楼(難波)
カフェ朱夏美人(中崎町)
Toe Cocotto
京都ライト商會

ながしよみ朗読期間限定にて配信いたします!

ご無沙汰なツイキャス「ながしよみ朗読」本日から期間限定で再開いたします。
「ながしよみ」とは、ダラダラ読む、ということではなく、ぶっつけ本番初見読みの朗読ということです。自宅の作業部屋からなので声は張れませんが、声優さんともナレーターの方とも違う、チェリーの「味」よ届け!という気持ちをこめます。
テキストは江戸川乱歩「大暗室」

23時から、冒頭雑談交えて大体1時間くらい。長編連続、本日よりなるたけ連夜(おやすみする日もあります) 一カ月くらいの期間限定ですが、おしまいまで読んでまいります。
チェリーの自主トレにお付き合いいただく形で恐縮です。
いや、
そんな遠慮の塊みたいなことは言わないっ!
夜中の耳だけ紙芝居屋さんを待っててねっ若干意味不明。

http://twitcasting.tv/kwaidanbar/

★ツイキャスは動画SNSですが、アプリをインストールしなくてもURLから視聴は可能です。
また、聞き逃した方はアーカイブで残します(アプリない方はアーカイブ聴けるのかしら汗)

初めてのグループ展出展「拳銃を持つ女」終了

チェリー木下です。
パノラマ朗読のいわゆる挿絵的な形で作成しておりましたダンボール看板絵、今年より独立した作品として取り組んでおります。
(朗読も、勿論、頑張る所存)

そんなダンボール絵、2月21日から26日までの一週間、
初台の画廊珈琲Zaroff一階喫茶店部分での小品グループ展「拳銃を持つ女」に2点、出展させていただいたのであります。

生まれて初めて、ギャラリーに自分の作品が並ぶという大変素敵な体験をさせていただきました。
お題が「拳銃を持つ女性を描く」ということで、可愛らしい、コケティッシュな、どこか耽美な、そんな素敵な作家さん達の描く女性達の中で、ぎこちなく拳銃を持つうちのダンボール子ちゃん達・・・技術的に未熟なのは勿論ですが、アナクロで垢抜けない世界観のダンボールがお越しの方々の眼にはどんな風に映ったのか、残念ながらお声を聞くことはできなかったけれど、

頑張った、お前達。

「ユウヤケ」 ダンボールにアクリル 針金 土台は木材にワックス
「ユウヤケ」 ダンボールにアクリル 針金 土台は木材にワックス
作品裏側 古い校舎のような質感を出したかった(ワックスとエイジングかけた)
作品裏側 古い校舎のような質感を出したかった(ワックスとエイジングかけた)
1564」ポケベル時代の懐かしい言い回し 1ひと5ご6ろ4し
「1564」ポケベル時代の懐かしい言い回し 1ひと5ご6ろ4し

そして、ギャラリー展示ということで、生まれて初めて、
自分の作品に値段をつけました。
(残念ながらというか、当然のごとく今回は売れませんでした)
自分の作品の価値を客観的に見る、という習慣のない私にとって、これもある意味カルチャーショック。

乗り越えなければいけない壁はあれど、
自分の世界を形にするという作業は楽しい。

お声かけてくださったザロフさん、ありがとうございました。

また、こんな機会があればいいなあ・・・
と、
実は4月にも喫茶店部分でのグループ展に出展してもよいことになったのです。
次のお題は・・・近くなりましたらまた
ご案内させてくださいませ。

できたら次回は、
見に来てくださいね、そして感想をお聞かせくださいませ。

カンパ強化月間です!渦とチェリー新聞

おかげさまで徐々に置いていただく場所も増えております「渦とチェリー新聞」ですが、一人で発行しているフリーペーパー故に、部数が増えれば増えるほど、チェリーの睡眠時間とポケットマネーが削れていくという、楽屋内では負のスパイラル状態が長らく続いております。
郵送受け取りの方からの切手等の寄付、大変ありがたく頂戴しております。
がっ、

今後も増えていく予定の設置場所に備えねばなりませぬ。
せっかくの機会を頂いても対応できなければ!
そして、遠方で郵送ご希望でお手元に欲しい方のご新規開拓もしたいところ!

で、

3月は「カンパ強化月間」といたしまして、
渦チェリでもカンパの「返礼品」をご用意することにいたしました。

内容は以下です。

A 切手五百円分までカンパの方に「おふだ三枚セット」
B切手シート・現金・図書券など五百円分以上の方に
「おふだ五枚セット」+お楽しみの何か(渦チェリ的なもの)
★「おふだ」とは、数年前渦チェリサロンで使用したような、チェリーが手書きで夜中半ばトランス状態で、五十枚百枚と描くおふだです。ご利益は不明、意味も不明。おふだは新たにかき起こします。

六本木CROWさんサロンイベント時代に使用したおふだ(夢野久作の猟奇歌バージョン)

「返礼品」対象は3月中のカンパとさせていただきます。なお、カンパ自体は年がら年中受付しております。

お申し出は恐縮ですがメールにて!→こちら
また、フェイスブックページやツイッターにても受け付けております。送付先住所をお返事させていただきます。

渦とチェリー新聞第8号お求めできます

 すでにSNSでは散々言っておりますが、渦とチェリー新聞第8号、各所に配布しております。
 今回より置いていただくお店などが増え、嬉しいことに在庫僅少となっております。郵送分は確保しておりますので、確実に欲しい方、置いてあるはずのお店にない!という方、メールにてご住所教えていただければ無料で郵送いたします。

 今回は、いつも置かせていただいている新宿Beer&Cafe BERGさんのハムサンドについての記事もあります。美味しそうです。
→パラノイアグルメ奇譚(識実カナン氏)ご参照くださいませ。

 また、テーマ「犬」に関連して犬イラストと文章を寄せてくださった方も。いよかんさん感謝です。

 レギュラーコーナーくるくるパンマ先生の占い(中の人は太田翔氏)_underline氏による小説も掲載中。
 

 尚余談ですが、6月末には渦チェリ企画で、_underline氏とチェリーのコラボで渦とチェリー新聞の世界をインスタレーションにした「お店」が初台画廊珈琲Zaroffに登場いたします。
 名前は「狭小スナック 月と手袋」。
 数年前、Zaroffさんを丸ごとお借りしての小川未明イベントのタイトルが「月夜と眼鏡」、どうも初台とお月様は相性がいいようです。
 現在制作中、内容詳細発表は今しばらくお待ちくださいませ。

 次号は3月末発行予定。テーマは「花」。
 新企画渦チェリ俳句コーナーも始動いたします。もちろん、渦チェリ新聞の俳句コーナーですから、細かいお約束は無視のフリーダム。一行詩やちょっといい文句、みたいなノリです。
 投稿も絶賛受付中。メールやメッセージにてお寄せくださいませ。

【渦とチェリー新聞置かせていただいてます】順不同(2019年2月現在)
現在、Zaroffには比較的沢山置いてあります。
★関東方面
画廊珈琲Zaroff(初台)
Beer&Cafe BERG(新宿)
喫茶マッチングモール(高円寺)
点滴堂(三鷹)
Gothic Bar プラシーボ(野毛)

★関西方面
古本屋ちんき堂(神戸)
夕顔楼(難波)
カフェ朱夏美人(中崎町)
Toe Cocotto
京都ライト商會

渦とチェリー新聞7号ようやく配布開始!

大変大変遅くなりました!
年内最後の渦とチェリー新聞7号、ギリギリ2018年中に出来上がりました。年末年始が入るので、店頭に置いていただいている分に関しては、年明けとなる可能性大です。郵送分も微妙なところではありますが・・・郵送お受け取りの方々、新年ご挨拶の気持ちも込めて送りました。ご笑納くださいませ。

今回のテーマは「街」。
ザロフ十周年記念イベントの記事もちょっとだけ載っています。
識実カナン氏による好評連載「パラノイアグルメ奇譚」も、テーマにあやかり新宿ゴールデン「街」の思い出について書いてあります。

かつて六本木にあったNight Cafe Crowさんでのイベント「怪談バー」(旧名)のPRから始まった「渦とチェリー新聞」。
お店もなくなり、流浪の末、今はイベント事からは独立して、初台の画廊珈琲Zaroffさんをメインに、各所に置かせていただいております。

ザロフに移って早くも2年目、
通算だとどれくらいになるのでしょう?

いやあ、こんなに続くとは、我ながらびっくりです。
平成ももうすぐ終わり、
新しい年号になっても、新聞は続きます、多分。

これからも、「渦とチェリー新聞」をよろしくお願いいたします。

切手のカンパも大歓迎!