怪奇幻想クラブと怪談バー

そう言えば「渦とチェリー」は怪奇幻想クラブでした!
と、はたと思い出した今日。
もしも、これまで「怪奇」や「幻想」的なコンテンツを期待して本HPや新聞をご覧になった方が肩透かしを食ったようなお気持ちになられていたらごめんなさい。
立ち上げ当初から流転に次ぐ流転で、もう本来の意味が薄れてしまっておりますが・・・
大正昭和の古き佳き「怪奇幻想」小説の朗読をするチェリーの朗読を聞く「クラブ」です。

ええっ!
知らなかった!という方、ええ、知らなくても大丈夫です。
今はただ、チェリーの心の中にあればよい事です。

数年前に立ち上げたイベント名は「怪談バー」。
その頃は、稲川何某さん的実話怪談語りをするイベントだと思って、いざ来てみたら田中貢太郎だ岡本綺堂だのの小説を延々朗読している様にドン引き・・・そうですよね、名前がアレですな、という事で改名したのも何やら懐かしい思い出です。

奇しくも、同じ頃、本当に怪談語りをするバーというのがススキノに出現、それが東京に進出して来た頃、イベントとしての「怪談バー」改め「渦とチェリー」は一旦終止符を打ったのです。
(あ、怪談バーさんとは関係なく、です!)

あれからずっと、どんなお店なんだろうと気にはなっていたのですが・・・

先日、とうとう遊びに行ってしまいました。
せっかくなのでちょいとレポートを書き残しておきます。

場所は歌舞伎町の奥、クラブ等のネオン賑やかなディープ目な場所。入るとお姉さんによるシステムの説明。飲放題制で1時間越えると延長料金となります。ドクロや怖めのお人形が店内にディスプレイされておりますが、お化け屋敷のような暗さや怖さはなく、怖いのが苦手な方にもハードルがさほど高くない感じ。
スタッフさんやパフォーマーさんも若く、程よく気さくで、なんというか・・・ちゃんとお店してました。

終電も気になる時刻だったので、あまり長居はいたしませんでしたが、
いや、まさに看板通り、きちんと(?)実話系怪談をされており。

当たり前だけど、看板に掲げたら、その通りの内容のことをする、って、
大事、というか大前提なのね。
暴走しがちなチェリーも、少し大人になってまいります。

ああ、また、今度はちゃんと怪談バーイベント、やって見たいな。一夜限りで。

パノラマ朗読ってなんぞや

5月にピアノの永井幽蘭さんとコラボでパノラマ朗読をして以来、
次の告知がなかなかできずにいるチェリーです。

パノラマ朗読とは、
読み方表現の仕方に関してもそうなのですが、
より物語世界に深く分入る為に、毎回、おまけを作ってみたり、ダンボールの工作をしてみたり、オブジェをおいてみたり、
建物を妙な具合に飾ってみたりする行為も
ひっくるめての「パノラマ朗読」です。
それは自分自身が、より深く語れるようになるための儀式でもあり、
朗読とセットの一つの表現作品でもあったりします。
(カッコよくいうとパフォーマンス?カッコヨクもないか)
勿論、扱うお話によっては、
「何もしない ただ語る」という選択もします。
まあ、そんな時は、色んな絵の具を使って絵を描くけど、今回はこの色で、というノリです。
わかりづらい例えで恐縮です。

なので、

朗読や演劇のワークショップがあるように
もし、あえてパノラマ朗読のワークショップを開くとしたら、
多分、課題となる物語(テキスト)について
まず、何か手を動かして作る、例えば絵を描くとか、
造花をこしらえてみるとか、ダンボールで家を作るとか、
そういった事をやりながら、
お話のより深部にアプローチしていく形を取るんじゃないかなと
考えます。

手を動かすって不思議で、
頭の中にある完成図がそっくりそのままには出てこない。
どっか微妙にズレるんです。まあ、技術が足りないせいもありますが。
そのズレが、思いがけない効果を生んだり、気づかなかった無意識の何かを呼び覚ましてしまったり・・・
そんな作業の中から、扱っている物語の違った側面が浮かんできたりして、テキストを読み込んでいる時とはまた異なる新たな解釈が生まれてきます。
もう、朗読としては邪道の邪道ですが、

まずは自分の心の中に、物語のパノラマが浮かんで、
それを伝えたくてしょうがなくなる、というところから始まってくのが、いまの私にはとても楽しいのです。

渦とチェリー新聞5月号あります!!

更新滞っており恐縮です。
これからはもっと積極的にお知らせ等していこうと心に誓うチェリーです。

・・・という事で、
大の月発行の「渦とチェリー新聞」最新5月号は、東京都内は例により新宿のビア&カフェ ベルクと初台の画廊喫茶ザロフに置いてあります。

ベルクの方は人通りが多いせいもあり、月によっては早々に無くなってしまったり、また、大量のチラシに埋れていたりする場合もあり・・・何しろチラシ激戦区なので苦心しております。
勿論、お店側の趣旨や他チラシとの兼ね合いのルールは守った上ですが、何かよい置かれ方はないものかアイデアを考え中です。
よき案ございましたらお寄せくださいませ。

尚、関西方面は神戸の古本ちんき堂、大阪ミナミの夕顔楼でお手にとることができます。

渦とチェリー新聞5月号
ベルクはチラシの激戦区!頑張れ渦チェリ新聞

次回は7月後半頃発行!テーマは「色」
新たな寄稿者が・・・また増えます!
ーーーーーーーーーーーーーーー

毎度毎度の細かい字での八ページです。
テーマは「香」
5月に行われたチェリー出演の「インスマウスの影」について少し触れた記事があります。

また識実カナン氏の「グルメ奇譚」は三鷹の安楽さんのスペシャルなメニューについて。
他、_underline氏による連続掌編小説、くるくるパンマ先生の占いコーナー等、「ああ、渦チェリだわ」とホッとするやら不穏になるやらの安定の?ラインナップ。

まだご覧になっていない方、コーヒーのお供にちょうどいいですよ。是非。

郵送も承ります。

忌まれし扉劇場「インスマウスの影」

忌まれし扉劇場「インスマウスの影」

チェリー木下 永井幽蘭 5月21日月曜日、パノラマ朗読+ピアノそしてミニライブを開催いたします。
ここ数年、チェリーがご一緒したくてウズウズしていた(渦チェリだけに)アーティスト、
永井幽蘭さんと「忌まれし扉劇場」というコンセプトでやります!

「忌まれし扉」の向こうには、古びたスクリーンとボロボロの椅子達が待つ名画座。チェリーのどこか懐かしくも感傷的な朗読と幽蘭氏の心の闇を叩くようなピアノが、映写機がわり。

H.P.ラブクラフトの「インスマウスの影」。

ええ、ホラーです。暗黒神話です。埋れた恐怖映画の名作をみるように、楽しんでいただけたらと思います。

場所は四谷三丁目の喫茶茶会記。
当日は「哲学者の薔薇園」というコンセプトカフェが開催されております。カフェ内のライブ、という形ですので、入場料の他に、何か一つでも飲食のご注文をお願いします。飲み物も食べ物も、面白く美味しいものばかりですよ。
お問い合わせフォームからご予約できます。
ーーーーーーーーーーー

忌まれし扉劇場「インスマウスの影」

日時:2018年5月21日(月)19時半頃より開始
木戸銭:2000円(ご予約特典アリ 謎のアイテム「劇場のコイン」を差し上げます。)

*新スタート分の「渦とチェリー新聞」バックナンバーを置きます。数に限りはありますが、フリーペーパーですのでどうぞお持ち帰りくださいませ。

場所:「哲学者の薔薇園」(綜合藝術茶房 喫茶茶会記http://gekkasha.modalbeats.com/)
新宿区大京町2-4 サウンドビル1F

「渦チェリ新聞」最新は三月号!そしてチェリー店番

「渦とチェリー新聞」三月号、すでに新宿ベルクさんと初台画廊珈琲ザロフさんに置いております。郵送分も配布済み。
ザロフのチェリー一日店番4月は23日(月)です。お立ち寄りの際に、新聞のご感想やアドバイスなどいただければ幸いです。
また、例により20時くらいから閉店まで、お店のご厚意でプチ朗読をするかもしれません。
(ザロフのお客様が静かに過ごされたい際には、大人しくコーヒーやココア入れてます。)
これからちょっとやってみたい「朗読オープンマイク」(仮名)に向けての実験も、やれたらいいなあ。今絶賛構想中。

さて、新聞ですが、
今回よりポツポツと感想のようなものいただいております。

嬉しい!

新しいコーナー、新しい書き手の文章はこれからさらに増えていく予定でおります。次回は五月後半発行予定。なのでまだ時間があります。まだ新聞読まれてない方、そして確実に手にしたい方は郵送も承っております。本HPのお問い合わせからも受付可能です。

「渦とチェリー新聞」3月号もうすぐ発行、もう4月だけど。

ちょっと前まで花見をして居たのが嘘のよう。

「渦とチェリー新聞」3月号、もう4月に突入してしまいましたが、これから発行です。おそらく4月7日(土)あたりから配布開始となります。一番乗りは例により初台の画廊珈琲Zaroff、そして新宿Beer&Cafe ベルクにお目見えいたします。その後、関西方面は神戸の古本ちんき堂等に。
この度はチェリーの私事で発行遅れちゃってすみません。
旧渦チェリ新聞から続いている_underline氏の掌編連続小説もあり、また、三丈晶生画伯の漫画も3月号より復活!怪しげな占いコーナーも増えました。

ペーパーレスが当たり前、ネット発信が常識な現代、やれ世界配信だビジネスだなんだかんだな生き馬の目を抜くような現代に、アナクロでアナログな時流逆行フリーペーパー「渦とチェリー新聞」、大人の大いなる新聞ごっことして、視野狭窄気味にこの味わいを守っていこうと思います。
郵送、いたします。クラウドファンディングではなくカンパです。アフィリエイトではなく切手ご寄付賜ります。

アナログなものは、懐かしさこそあれ、不便なものです。
懐かしむ人が居なくなれば、自然に淘汰され消えてゆくものです。世の中、いつか消えてなくなるもので出来ているのだから、だから愛おしい。
しんみり気味なシメの文句ですみません。
いつか消えて無くなるまで、ぐるぐる渦巻いて色々巻き込みながら、渦とチェリー新聞は当分、ひょっとして結構、続きます。

例によりチェリー店番です

26日月曜は例により月一の店番です。ひとりで一日中居ます。イベントではありませんが…

もうすぐ春ですねぇ、ということでチェリーの顔見にいらしてください。なかなかお話する機会がない方にも、こんな機会に会えたらいいなあと妄想しております。

平日なので割にゆっくりお話できます多分。ノートPCのぞいたり本読んだりゆるゆる番しております。

天気予報ではまたも雪?らしいですが、少なくとも花粉症は大丈夫かな。先月みたいに半分遭難しかけることもないだろし。

閉店前の20時から21時まで、お店様のご厚意にてゆるゆるミニ朗読いたします。

初台画廊喫茶ザロフへどうぞ12時半くらいから開店21時閉店。

「眉かくしの霊」谷根千@記憶の蔵にて

2月12日(月)谷根千の記憶の蔵にてパノラマ朗読「眉かくしの霊」(泉鏡花)無事終了いたしました。

記憶の蔵さんをお借りしたのは二度目ですが、前回も今回も寒い季節でした。
団子坂を登り、千駄木の可愛らしいお店を覗きつつ、どこか懐かしい路地をさ迷いつつ、ふと現れる小さな目印・・・こんなところに蔵が?!と、ここへ来る道筋は本当に楽しい。

また機会がありましたら。ありがとうございました。

底冷えのする会場の中央に、今回はデーンとガスストーブが!
甘酒の鍋をかけさせていただき、寒さを肴に皆で掬って飲みつつの朗読でした。

なかなかブログ等ではニュアンスの伝わりづらいチェリーのパノラマ朗読イベントですが、来てくださった方は良いイベントだったとおっしゃいます。お世辞半分としても、何かしら伝わっている、共有しているのだと思うと、毎回嬉しい限り。

私の朗読スタンスはとにかく「なりふり構わず伝える」ということ。今自分の持っているモノを何でも使う、音楽なければ歌うたい太鼓叩き、朗読スキルが追いつかなければ絵も書こう身振り手振りもしよう這いずり回りもしよう・・・まだまだ未熟ですが、その一点は揺るぎなく、今後も歩んでいけたらと思います。

挿絵がわりに会場に展示しましたダンボール掛軸の画像を貼ります。

1月「渦とチェリー新聞」出来てますホカホカ

渦とチェリー新聞1月号
渦とチェリー新聞1月号

「渦とチェリー新聞」1月号発行、新宿ベルクさんと初台Zaroffさんに置いて居ます。いつもありがとうございます!
関西方面は神戸元町の古本屋ちんき堂さんと大阪ミナミの夕顔楼さんに近日並びます。こちらもいつもありがとうございます!

資金不足ゆえ部数限られておりますが、無くなりましたら補充一回か二回くらいは出来ますので、「あれ、行ったけどないよ」という場合にはご一報くださいませ。
また、個人的に確実に欲しい!という方には郵送いたします。
フリーペーパーですが、お志で郵便切手のご寄付歓迎です。

今回は、チェリーの2月パノラマ朗読に因みまして泉鏡花のことについてチラと触れております。
また、_underline氏の一話完結の掌編連続連載も。チェリーの過去に書きました朗読用の掌編小説も掲載いたしました。

次号は3月発行予定。寄稿者増える予感。春ですから。

2月12日は「眉かくしの霊」、知らぬ同士でストーブを囲みながらダンボール掛け軸を眺めつつのパノラマ朗読・・・なんだかほっこりしそうですが、そうでもないのがチェリーのいいところ(?)。
廃屋に落ちているメンコのような掛け軸(すでにこの時点で意味不明)と、ちょっぴり感傷的なチェリーの朗読に黄昏を感じてくださいませ。

→パノラマ朗読「眉かくしの霊」

【告知】2月パノラマ朗読「眉かくしの霊」

泉鏡花「眉かくしの霊」をパノラマ朗読いたします。

パノラマ朗読「眉かくしの例」チラシパノラマ朗読「眉かくしの霊」チラシ裏

2月12日(月・休日)谷根千の「記憶の蔵」にて、ダンボール掛け軸を物語の挿絵が割りといたしまして、大正時代の蔵に、伊作が、お米が、お艶が、賛吉が・・・チェリーの語りで姿を現します。久々の単独朗読ライブ、どうかこの機会に、声優さんでもない、ナレーターでもない、俳優さんでもないアプローチの朗読を知っていただければ幸いです。
★会場は寒いです。甘酒や使い捨てカイロを無料にてご用意いたしますが、なるたけ暖かい格好でお越しくださいませ。
ご予約や問い合わせはは本サイトの問合わせフォームより!

パノラマ朗読「眉かくしの霊」
作:泉鏡花 脚色:チェリー木下

日時:2018年2月12日(月・休日)17時開始
(前半40分 休憩10分位 後半40分 を予定しています)
★早く着き過ぎてしまっても、外で待たず、会場内に入ってダンボール絵を眺めたり温かいお飲み物を飲んだりして時間までお待ちください。
☆入り口付近通路は住宅が集まっておりますので、なるたけお静かにお通りください。

木戸銭:1500円

場所:記憶の蔵 東京都文京区千駄木5-17-3

↓地図をクリックすると大きな画像になります記憶の蔵地図

怪奇幻想クラブ「渦とチェリー」