狭小スナック「月と手袋」やります!

狭小スナック「月と手袋」チラシ表
狭小スナック「月と手袋」チラシ表
狭小スナック「月と手袋」チラシ裏
狭小スナック「月と手袋」チラシ裏

「渦とチェリー新聞」から生まれた企画、
なんとZaroffさんの一階別室でやります。

その名も、

狭小スナック「月と手袋」。

「昭和のスナック」をテーマにした_underlineとチェリー木下のコラボインスタレーションです。
平たく言えば、あくまで二人が言い張る”スナック”という空間を作り、展示するというもの。

チェリーのダンボール作品と朗読(どんな形かはお楽しみ)、
そして大量のラテックスラバー手袋のインスタレーションの_underline氏の作品。

「月と手袋」ならぬ、「ダンボールと手袋」。

ちなみに・・・「月と手袋」は江戸川乱歩のミステリ短編のタイトルでもあります。


しかも、狭小、です。

何しろ、会場はZaroffさんの一階喫茶店に隣接した「別室」という名のせまーい空間。これに展示が入ってお店になるんだから、息苦しさ満点。

でも、
子供の頃、秘密基地と称して物置とか縁の下とかに集まっていろんな話をした・・・あんな感じになるのかな、と妄想したり。

一人でまったりと過ごすのもいいかもしれない。

会期中、実際に模擬スナックを営業いたしますが、それ以外の時間帯は展示としてお楽しみください。
ギミック沢山用意する予定。
でも、予定は未定なので、できるだけ沢山出来たらいいな、というに留めておきます、今は。
徐々にご紹介&ご案内いたしますね。


会期:2019年6月23日(日)〜7月2日(火)
於 Zaroff一階別室
12:30〜21:00 *最終日は午後5時にて終了。

【展示のみ鑑賞の皆さまへ】展示自体は無料でご覧いただけます が、会場が一階喫茶と繋がっておりますので、その際は喫茶のご利用をお願いいたします。


「スナック営業」

日時:6月23日(日)と、6月27日(木)〜7月1日(月)
各日18時位〜21時(21時完全閉店)
セット料金(チャージ+飲食)2000円
*Zaroffのメニューも注文可能(別料金となります)


なお、6月27日(木)は、二階「影向のたわみ展」にて連句会「月と手袋」を開催。スナックのお客様も参加可能です。堅苦しくない催しですので、連句(俳句)初心者の方もお気軽にご参加ください。

★ツイッター・インスタグラムで会期中の様子などが見れます。#スナック月と手袋

渦とチェリー新聞第9号残少!今回の内容等

毎度のんびりした記事掲載で恐縮です。
3月末に発行いたしました「渦とチェリー新聞」第9号は、4月の桜前線とはなんら関係なくゆっくりと関東および関西方面に配布され、お店の片隅に今も小さなお花を咲かせております。

つい、春の陽気にポエミーな表現をしてしまいました。

とはいえ、お陰様で現在チェリーの手元にある新聞は残わずか!
現在、初台のザロフには確実に置いてあります。
郵送ご希望の方も、まだ間に合います。
(そうこうしているうちに、5月末の第10号発行となりますが)
郵送にて定期購読(?フリーペーパーなのでなんと言って良いやらです)する方も徐々にですが増えております。
お気軽にメールやSNSのコメントなどでお問い合わせくださいませ。

さて、
今回のテーマは「花」。いつものチェリーの雑文から始まって、
識実カナン氏の「パラノイアグルメ奇譚」はお花見と桜餅とユイスマンス・・・あなたはどっちの桜餅?詳しくは本文にて。

パラノイアグルメ奇譚(識実カナン)
「どっちも桜餅!」

そして安定の狂気「くるくるパンマ先生の占い詩手帖」、
_underline氏による連載小説この独特な作品世界を味わえるのは「渦とチェリー新聞」だけ!!

新コーナーは二つ、
一つは・・・無謀にも投稿俳句コーナーを立ち上げております!
見切り発車もいいとこですが、ありがたいことに、
今回はいよかん氏が沢山投稿してくださいました。
イラストは立島夕子氏、図らずも両氏のコラボコーナーとなりました。いいコーナーに育つ予感がすごい!

もう一つのコーナーは、
松本格子戸氏による「あの街この街グル巡り」。焼きカレーの「ストーン」とトンカツ「藤吉」。
・・・読むだけでさっき食べたはずなのにもうお腹が空く!
独断と今日の気分で「藤吉」さんの画像をカラーで掲載いたします。うーん、素敵な佇まい。



松本格子戸のあの街この街グル巡り
佇まいから美味しそうなとんかつ「藤吉」

【渦とチェリー新聞置かせていただいてます】順不同(2019年4月現在)
Zaroffには比較的沢山置いてあります。置いていただける場所絶賛募集中!!

★関東方面
画廊珈琲Zaroff(初台)
Beer&Cafe BERG(新宿)
喫茶マッチングモール(高円寺)
カフェ・フライングティーポット(江古田)
点滴堂(三鷹)
Gothic Bar プラシーボ(野毛)

★関西方面
古本屋ちんき堂(神戸)
夕顔楼(難波)
カフェ朱夏美人(中崎町)
Toe Cocotto
京都ライト商會

ながしよみ朗読期間限定にて配信いたします!

ご無沙汰なツイキャス「ながしよみ朗読」本日から期間限定で再開いたします。
「ながしよみ」とは、ダラダラ読む、ということではなく、ぶっつけ本番初見読みの朗読ということです。自宅の作業部屋からなので声は張れませんが、声優さんともナレーターの方とも違う、チェリーの「味」よ届け!という気持ちをこめます。
テキストは江戸川乱歩「大暗室」

23時から、冒頭雑談交えて大体1時間くらい。長編連続、本日よりなるたけ連夜(おやすみする日もあります) 一カ月くらいの期間限定ですが、おしまいまで読んでまいります。
チェリーの自主トレにお付き合いいただく形で恐縮です。
いや、
そんな遠慮の塊みたいなことは言わないっ!
夜中の耳だけ紙芝居屋さんを待っててねっ若干意味不明。

http://twitcasting.tv/kwaidanbar/

★ツイキャスは動画SNSですが、アプリをインストールしなくてもURLから視聴は可能です。
また、聞き逃した方はアーカイブで残します(アプリない方はアーカイブ聴けるのかしら汗)

初めてのグループ展出展「拳銃を持つ女」終了

チェリー木下です。
パノラマ朗読のいわゆる挿絵的な形で作成しておりましたダンボール看板絵、今年より独立した作品として取り組んでおります。
(朗読も、勿論、頑張る所存)

そんなダンボール絵、2月21日から26日までの一週間、
初台の画廊珈琲Zaroff一階喫茶店部分での小品グループ展「拳銃を持つ女」に2点、出展させていただいたのであります。

生まれて初めて、ギャラリーに自分の作品が並ぶという大変素敵な体験をさせていただきました。
お題が「拳銃を持つ女性を描く」ということで、可愛らしい、コケティッシュな、どこか耽美な、そんな素敵な作家さん達の描く女性達の中で、ぎこちなく拳銃を持つうちのダンボール子ちゃん達・・・技術的に未熟なのは勿論ですが、アナクロで垢抜けない世界観のダンボールがお越しの方々の眼にはどんな風に映ったのか、残念ながらお声を聞くことはできなかったけれど、

頑張った、お前達。

「ユウヤケ」 ダンボールにアクリル 針金 土台は木材にワックス
「ユウヤケ」 ダンボールにアクリル 針金 土台は木材にワックス
作品裏側 古い校舎のような質感を出したかった(ワックスとエイジングかけた)
作品裏側 古い校舎のような質感を出したかった(ワックスとエイジングかけた)
1564」ポケベル時代の懐かしい言い回し 1ひと5ご6ろ4し
「1564」ポケベル時代の懐かしい言い回し 1ひと5ご6ろ4し

そして、ギャラリー展示ということで、生まれて初めて、
自分の作品に値段をつけました。
(残念ながらというか、当然のごとく今回は売れませんでした)
自分の作品の価値を客観的に見る、という習慣のない私にとって、これもある意味カルチャーショック。

乗り越えなければいけない壁はあれど、
自分の世界を形にするという作業は楽しい。

お声かけてくださったザロフさん、ありがとうございました。

また、こんな機会があればいいなあ・・・
と、
実は4月にも喫茶店部分でのグループ展に出展してもよいことになったのです。
次のお題は・・・近くなりましたらまた
ご案内させてくださいませ。

できたら次回は、
見に来てくださいね、そして感想をお聞かせくださいませ。

カンパ強化月間です!渦とチェリー新聞

おかげさまで徐々に置いていただく場所も増えております「渦とチェリー新聞」ですが、一人で発行しているフリーペーパー故に、部数が増えれば増えるほど、チェリーの睡眠時間とポケットマネーが削れていくという、楽屋内では負のスパイラル状態が長らく続いております。
郵送受け取りの方からの切手等の寄付、大変ありがたく頂戴しております。
がっ、

今後も増えていく予定の設置場所に備えねばなりませぬ。
せっかくの機会を頂いても対応できなければ!
そして、遠方で郵送ご希望でお手元に欲しい方のご新規開拓もしたいところ!

で、

3月は「カンパ強化月間」といたしまして、
渦チェリでもカンパの「返礼品」をご用意することにいたしました。

内容は以下です。

A 切手五百円分までカンパの方に「おふだ三枚セット」
B切手シート・現金・図書券など五百円分以上の方に
「おふだ五枚セット」+お楽しみの何か(渦チェリ的なもの)
★「おふだ」とは、数年前渦チェリサロンで使用したような、チェリーが手書きで夜中半ばトランス状態で、五十枚百枚と描くおふだです。ご利益は不明、意味も不明。おふだは新たにかき起こします。

六本木CROWさんサロンイベント時代に使用したおふだ(夢野久作の猟奇歌バージョン)

「返礼品」対象は3月中のカンパとさせていただきます。なお、カンパ自体は年がら年中受付しております。

お申し出は恐縮ですがメールにて!→こちら
また、フェイスブックページやツイッターにても受け付けております。送付先住所をお返事させていただきます。

渦とチェリー新聞第8号お求めできます

 すでにSNSでは散々言っておりますが、渦とチェリー新聞第8号、各所に配布しております。
 今回より置いていただくお店などが増え、嬉しいことに在庫僅少となっております。郵送分は確保しておりますので、確実に欲しい方、置いてあるはずのお店にない!という方、メールにてご住所教えていただければ無料で郵送いたします。

 今回は、いつも置かせていただいている新宿Beer&Cafe BERGさんのハムサンドについての記事もあります。美味しそうです。
→パラノイアグルメ奇譚(識実カナン氏)ご参照くださいませ。

 また、テーマ「犬」に関連して犬イラストと文章を寄せてくださった方も。いよかんさん感謝です。

 レギュラーコーナーくるくるパンマ先生の占い(中の人は太田翔氏)_underline氏による小説も掲載中。
 

 尚余談ですが、6月末には渦チェリ企画で、_underline氏とチェリーのコラボで渦とチェリー新聞の世界をインスタレーションにした「お店」が初台画廊珈琲Zaroffに登場いたします。
 名前は「狭小スナック 月と手袋」。
 数年前、Zaroffさんを丸ごとお借りしての小川未明イベントのタイトルが「月夜と眼鏡」、どうも初台とお月様は相性がいいようです。
 現在制作中、内容詳細発表は今しばらくお待ちくださいませ。

 次号は3月末発行予定。テーマは「花」。
 新企画渦チェリ俳句コーナーも始動いたします。もちろん、渦チェリ新聞の俳句コーナーですから、細かいお約束は無視のフリーダム。一行詩やちょっといい文句、みたいなノリです。
 投稿も絶賛受付中。メールやメッセージにてお寄せくださいませ。

【渦とチェリー新聞置かせていただいてます】順不同(2019年2月現在)
現在、Zaroffには比較的沢山置いてあります。
★関東方面
画廊珈琲Zaroff(初台)
Beer&Cafe BERG(新宿)
喫茶マッチングモール(高円寺)
点滴堂(三鷹)
Gothic Bar プラシーボ(野毛)

★関西方面
古本屋ちんき堂(神戸)
夕顔楼(難波)
カフェ朱夏美人(中崎町)
Toe Cocotto
京都ライト商會

渦とチェリー新聞7号ようやく配布開始!

大変大変遅くなりました!
年内最後の渦とチェリー新聞7号、ギリギリ2018年中に出来上がりました。年末年始が入るので、店頭に置いていただいている分に関しては、年明けとなる可能性大です。郵送分も微妙なところではありますが・・・郵送お受け取りの方々、新年ご挨拶の気持ちも込めて送りました。ご笑納くださいませ。

今回のテーマは「街」。
ザロフ十周年記念イベントの記事もちょっとだけ載っています。
識実カナン氏による好評連載「パラノイアグルメ奇譚」も、テーマにあやかり新宿ゴールデン「街」の思い出について書いてあります。

かつて六本木にあったNight Cafe Crowさんでのイベント「怪談バー」(旧名)のPRから始まった「渦とチェリー新聞」。
お店もなくなり、流浪の末、今はイベント事からは独立して、初台の画廊珈琲Zaroffさんをメインに、各所に置かせていただいております。

ザロフに移って早くも2年目、
通算だとどれくらいになるのでしょう?

いやあ、こんなに続くとは、我ながらびっくりです。
平成ももうすぐ終わり、
新しい年号になっても、新聞は続きます、多分。

これからも、「渦とチェリー新聞」をよろしくお願いいたします。

切手のカンパも大歓迎!

終演御礼!!パノラマ朗読「人面疽〜影法師の肉」

パノラマ朗読「人面疽〜影法師の肉」無事終了いたしました!

お越しくださいました皆様、気にかけてくださいました皆様、ありがとうございました。写真とってくださいました立島さん、ありがとう!

共演を快諾してくださいました太田翔さん、本当にありがとうございました!

定休日の店内をお借りした手作りの催しで、不手際不親切なところあったかと思います。ですがとてもよい雰囲気の中で、おそらく今年最後の朗読をやり遂げる事が出来ました。

はかなく消えてしまうひと時、だからこそ、とても愛しいひと時でした。皆さま、本当にありがとう。

谷崎潤一郎「人面疽」は、多分私のライフワークになるかと思います。森光子さんが「放浪記」をでんぐり返りし続けたが如く、恐れ多いですが、まあ、その万分の一くらいしぶとく世界を深めていけたら。

来年も、谷崎作品に限らず、様々な作品世界にアプローチしていきたいです。

「アングラ」ではなく、本当に「アンダーグラウンド」な活動ですが、

これからもよろしくお見守りくださいませ。

パノラマ朗読〜人面疽「影法師の肉」ご案内

パノラマ朗読「人面疽 影法師の肉」
2018年もあと僅か、平成という年号がつく最後の師走、
パノラマ朗読をやります。

過去に場所を変え構成や演出を変え、何度もアプローチしてきました谷崎潤一郎の大正期の短編「人面疽」。

毎回言ってる気がしますが、今回が一番!
・・・原作から遠く、またある意味一番肉薄している世界になる予定です。
苦手な言葉ですが実験的です。と言うか、パノラマ朗読の可能性を模索した実験です(わあ、苦手な言葉を二回も!)
谷崎の映画へのフェティッシュとも言える偏愛と、死とは幽霊とは影とはなんぞやとかを毎度語ってお酒の席等でドン引きされるチェリーとの言わばコラボ作品です。
古い映画や美術書が山積した店内、あちこちに掛けられた柱時計が時間差で時を告げる狭いザロフの濃密空間をより狭く濃密に、
共に悪夢を楽しみましょう。

尚今回は、謎の生物を造形されたり細密な世界の絵を描かれたり独自な世界観で作品を作り続けている太田翔さんがパフォーマンスにご協力くださいます。彼の持つ独特の何かと物語がどんな共鳴をするのかも私自身楽しみです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
日時:2018年12月12日(水)19時半開演(19時位から受付)
木戸銭:2000円
パフォーマンス協力:太田翔(造形・出演等)
 https://www.facebook.com/garusia.kuso
場所:画廊珈琲Zaroff 渋谷区初台1丁目11−9五差路
京王新線初台駅下車南口より数分
 
※狭い会場ですので、大体の人数を把握した上で場内の使い方を変えます。なので出来るだけ事前のご予約をお願いいたします。
※定休日の喫茶店をお借りしております。ゆったり店内を楽しみながらワンドリンク付・・・の優雅なイベントではない事ご了承くださいませ。
※飲食持ち込み自由ですが店内を汚したら非常に怒られます(チェリーが)そして他の方のご迷惑にならぬ範囲にてお願いします。
長文お読みいただきありがとうございました。
ご予約問合せは→こちらリンクから
★二日経っても返信がない場合はツイッター@kwaidanbarもしくは@cherrysorryにお問い合わせ下さい。

渦とチェリー新聞第六号お詫び

今回、渦とチェリー新聞第六号につきまして、
「古本小説」の記事内人物名に誤字がありました。

×平井程一 →  ○平井呈一

平井氏はゴシック文学を日本に根付かせた翻訳者であり小説家です。もう、古き佳き怪奇幻想小説を朗読します、なんて言ってるチェリーとしては恥ずかしく・・・

また、今回、第二刷分の新聞ページが一刷分と順番が異なってしまいました。内容的、また見開きのレイアウトとしては問題ないので、コピー用紙勿体無いという理由からそのまま配布させていただきました。尚、第二刷分に関しては、お詫びメッセージが挟んであります。
今後、十分に気をつけますが、ワンオペでやっておりますご事情をお察しいただければ幸いです。
お手伝いとカンパは常時ひっそり募集中です。

第6号お詫び訂正
第6号お詫び訂正