「蜘蛛男」車輪に準備中!

なにげにチェリー初の単独、そして前後編でのパノラマ朗読「蜘蛛男」。自分では色々と他にも初の試みばかりの今回です。準備が楽しい…

ポツポツご予約承っておりますが、前編後編とも17時の回はゆったりとご覧になれます。定休日ではありますが画廊喫茶Zaroffさんの独特な雰囲気にひたりつつお楽しみいただくには素敵な時間帯、黄昏から夜までの窓外の変化がいい感じです。平日ではありますが、水曜お休みの方、いかがでしょう?

パノラマ朗読「蜘蛛男」詳細はこちらの記事

チラシは初台 画廊喫茶Zaroff と 新宿 ベルク(入口付近チラシの挿してある中に埋もれてます汗汗) に置かせていただいてます。

【告知】パノラマ朗読「江戸川乱歩 蜘蛛男」

パノラマ朗読「蜘蛛男」チラシ表面

久々に、単独で朗読ライブをいたします。 題して!チェリー木下のパノラマ朗読「江戸川乱歩 蜘蛛男」
3月22日(水)と29日(水)の二日間、初の前後編で読む試みです。勿論、片方だけ御覧になっても楽しめる内容となっております。ギュッと濃厚な世界を少人数でという企画です。ご予約是非!
★前編後編どちらもお越しになった方にささやかですが更なるオマケをつけます。

パノラマ朗読「蜘蛛男」チラシ裏面

「女事務員募集、十七、八歳、愛嬌ある方」
新聞の三行広告が招く猟奇な事件の数々。とある貸事務所の奇妙な間借り人「美術商稲垣平造」なる人物の正体とは一体?
御存知江戸川乱歩先生の“明智小五郎もの”でもずば抜けて残虐かつ狡智に長けた快楽殺人者が、昭和初期の東京を背景に紡ぐ「蜘蛛男」の物語。
初台の画廊喫茶Zaroffの一階喫茶店を会場に、声優さんやナレーターの方とは又ひと味違うパノラマ朗読をお楽しみくださいませ。
3月22日(水)前編「畔柳博士編」17時の回/20時の回 入場料2000円(パンフ代りのオマケ「人物相関図着せ替え」付)
3月29日(水)後編「明智探偵編」17時の回/20時の回 入場料2000円(パンフ代りのオマケ「あらすじ双六」付)
★前編後編両方お越しの方にはさらにオマケを付けます(割引等で対応すべきだったと今更反省ですが、後悔させぬよう頑張ります)。
※各回開場は30分前。狭い会場ですので、ご予約をおすすめいたします。
※定休日のお店をお借りしての上演ですので、飲食のご提供はございません。他のお客様のご迷惑にならない範囲でお飲物等の持ち込みはOKです(会場を汚さないご配慮をお願いします)。
会場:画廊喫茶Zaroff
京王新線「初台駅」中央改札口を出て、地上(南口)へ上がります。目の前の道を右に進み(ラーメン屋さんのある方角)、セブンイレブン脇の路地を入り左手コインランドリーの隣です。
ご予約方法:渦とチェリー問合せフォームもしくはチラシのメールアドレスにお願いします。
タイトルを「予約」とし、お名前(ニックネーム可)日時(何日の何時の回か)人数とご連絡先メールアドレスを明記して下さい。メール送信後、二日以内にご予約確定メールが返信されます。
ご予約問合せフォーム→こちら

20170305-104520.jpg

20170305-104534.jpg

【告知】5月21日(土)「怪奇朗読演奏会」出演!初浅草です。

ミュージシャンのRindaさん主催の素敵なイベント、
「怪奇演奏朗読会」の第一回目ゲストとしてチェリーが呼ばれました!妖怪切り絵の田中良平さんや、妖怪絵師の東雲騎人さんもご出演されます。
風薫る5月、風情ある浅草で古き佳き時代に想いをはせながら、朗読や音楽演奏をお楽しみください。

まったり畳の会場でお飲物を楽しみながらお聞きいただけます(ご予約の方にはお茶菓子付!)
***********************************
時:5月21日(土)開演16時(開場は15時半)
所:浅草アミューズミュージアム6Fイベントホール
東京メトロ銀座線「浅草駅」東武伊勢佐木線「浅草駅」徒歩5分
都営浅草線「浅草駅」徒歩8分
つくばエクスプレス「浅草駅」徒歩8分
前売 2160円(飲物・お茶菓子付)/当日 2700円(飲物付)

◎出演◎
演奏 Rinda(ミュージシャン)

朗読 東雲騎人(妖怪絵師・妖怪探求家)
◎演目「蟹」/岡本綺堂
チェリー木下(パノラマ朗読家)
◎演目「狸囃子」「草迷宮」より/泉鏡花

切り絵 田中良平(切り絵アーティスト)

問合せ:浅草アミューズミュージアム
http://www.amusemuseum.com/
03-5806-1181(10:00〜18:00)
***********************************
★本HPへの「お問い合せ」にてもご予約受付ます。

怪奇演奏朗読会チラシ
怪奇演奏朗読会チラシ

YouTube版「渦とチェリー」朗読配信新シリーズ!

4月新学期、新しいスタート!
YouTube版の怪奇幻想クラブ「渦とチェリー」新シリーズが始まっております。
ご興味ある方、YouTubeチャンネル登録をよろしくお願いいたします!
(勿論、FBやTwitterにても配信報告いたしますが、チャンネル登録してくださると励みになります。)

YouTubeチャンネルはこちら→怪奇幻想クラブ「渦とチェリー」

YouTube版「渦とチェリー」新シリーズ!
YouTube版「渦とチェリー」新シリーズ!

*********************
チェリー木下とアシスタントのこけしちゃんがご案内、
古きよき怪奇幻想小説を朗読。
皆様とちょっと懐かしい「暗がり」を耳で目で感じましょうという趣旨は変わりません。
これまで、高円寺マッチングモールさんの一角をお借りしてのユーストリーム配信の録画保存、という形でしたが、
新シリーズでは場所も一新、曙橋のギャラリー・ノンフィニートさんをお借りしての収録配信が中心となります。
基本的に、水曜配信(たまに変則あり)です。
*********************

現在は、
田中貢太郎の「蟇の血(がまのち)」を配信中。
第一回目→https://youtu.be/ovPwc24edxY
第二回目→https://youtu.be/C5cqmpq90Ms

小川未明ナイト in Nonfinito 3月12日演目等

再度ご案内いたします。
間近になってまいりました、曙橋のノンフィニートさんでの「小川未明ナイト」!
当日は、ドリンクカウンターやっております。上演中、お好みのお飲物をご注文いただけます。特別メニューとして、未明の童話にも出てまいります「サフラン酒」をご用意。数量限定です。

↑↑Yodaさんの音楽、楽しみです。
当日演目は、

※19時よりボチボチ開始

朗読「薔薇と巫女」 チェリー

(ブレイクタイム)

※19時45分位からボチボチ再開

幻燈&テルミン Yoda
(曲)
Phantasmagoria
月夜と眼鏡
赤いろうそくと人魚
魔法
ある夜の星たちの話

朗読&音楽「野ばら」チェリー&Yoda

1月ザロフの夜はカラフルな世界感とお菓子の、子供にかえる夜、
今回ノンフィニートは、セピアに染まった記憶をたどる大人の夜。皆様のお越しをお待ちしております。

——————-
日時:3月12日(土)19時より開始
チケット:1500円 ※なるべくですが、ご予約をおススメします。
場所:Gallery&Bar Nonfinito
曙橋下車A1かA2の出口から新宿方面の坂になっている大通りを上っていく。徒歩5分位で道沿い左側にギャラリーがあります。

◎ご予約はこちら→お問い合せフォーム

【お知らせ】しばし別れの高円寺 Ust配信につきまして

9月末より月一でやっておりました「渦とチェリー」Ust配信ですが、チェリーの諸事情によりまして、休眠いたします。
チェリーの個人的都合(時間帯が合わなくなった的な)で、高円寺マッチングモールさんからの定期配信という形が難しくなり、またもや仕切り直しです。
年新たに、内田百閒「東京日記」にチャレンジしよう、と意気込んでおりました矢先、中途半端きわまりない形で休眠するのは私も非常に残念です。

マチモさんには本当にお世話になりました。ありがとう。愛をこめて。

ただし、ユーストリームのチャンネルが完全に無くなるわけでもなく、また、YouTubeチャンネルの方も、新たなる場所をお借りして録画をUPする形でこれまで通り継続いたします。
場所が変わればやり方も変わる、で、
マチモさんでやれた事やれなかった事があるように、新しい場所でもやれる事やれない事を探りつつ、よりよい内容に出来たらと思案しております。3月末位から、ボチボチと手をつけますので、ご期待くださいませ。また、Ustreamのチャンネルにつきましては、時々になりますが、何か面白い形で活用できたらと。

これからもYouTubeの「渦とチェリー」チャンネルをよろしくお願いいたします。

↓↓YouTube版「渦とチェリー」チャンネルはこちら↓↓
https://www.youtube.com/channel/UCPPu_3hPsqh1j3ntwGEmYcQ

【告知】小川未明ナイト in Nonfinito【小川未明の夜、再び】

小川未明ナイト再び2016年新年、初台ザロフで好評いただきました「小川未明ナイト」を、構成も新たに曙橋ノンフィニートで再び行ないます。
今回は、ミニライブ形式。
チェリー木下のパノラマ朗読+Takeshi Yodaの音楽!ふたりの織りなす物語の陰影がシンプルかつ機能的なギャラリー・ノンフィニートの空間を充たします。「赤い蝋燭と人魚」に代表される小川未明の、童話のような詩のような、不思議な文学世界をじっくりとお楽しみください。
——————-
日時:3月12日(土)19時より開始
チケット:1500円 ※20名にてご予約一旦〆切ります。ご予約なしの方は状況により、お立ち見になる可能性があります。
場所:Gallery&Bar Nonfinito
 新宿区市谷台町8-2ルシエールハル1F
◎曙橋下車A1かA2の出口から新宿方面の坂になっている大通りを上っていく。徒歩5分位で道沿い左側にギャラリーがあります。
★Yodaさんのテルミン演奏そして、ザロフで初お目見えした「幻燈機械」!!前回二階満席の為見逃した全部見れなかったという方、もう一度見たいというリクエストにお応えいたします。まだ見てない方は勿論、どうぞお楽しみに。
★チェリーの朗読は「薔薇と巫女」。
少し大人で幻想的な未明をやります。そしてラストはYodaさんのオリジナル曲とともに「野ばら」で。
 
ご予約・お問い合せは→こちら(問合せフォームへ)

未明ナイトから1ヶ月→チェリー近況

ええ、パノラマ朗読家チェリー木下でございます。
今更ながら。
昨年冬の「パノラマ朗読実験室 人面疽」そして年明けて1月「小川未明ナイト 月夜と眼鏡」、ほぼ1ヶ月強の間に二つ立て続けに朗読を真ん中にしたイベントをいたしました。真ん中、というのはおこがましいかも知れません。どちらもテルミン演奏と楽曲諸々作成のYodaさんとご一緒させていただき、かたや朗読かたや音楽と、ふたりでそれぞれの立場からアプローチして全体をつくりあげるという、コラボとも共作ともつかない作品づくりを試みました。
(どちらも見にいらした方から好評いただき、毎度のことながらこちら側では映像も画像も記録を残していないのが残念です。これも、チェリーがひとりであれこれやっているせいで・・・写メとる暇もないのかよ、とつっこまれますが、ええ、ないんです。
毎度毎度言うのですが、その時その場の空気は写真には映らないので、来てくれた方だけが感じればいいことなのです。が、ネットで宣伝、とか説明、とかそういうことが難しいんだよなあ。)

そんなこんなのお疲れさまと、これから又色々企てられたらいいねというゆるい会議も兼ね、Yodaさん始めお世話になっているプロデューサーの方や造形作家の方と2月の新年会をやりました。
(ちょっと文字に書くとかっこいいな)
今年も、何かしらご一緒につくろうと画策しております。

五月は別のところからのお誘いがあり、まだ詳細は告知できませんが、浅草でなんと妖怪関連の素敵なイベントに出演させていただく予定です。

YouTubeやツイキャスも細々とですが続けてまいります。
こちらも様々課題はあれど、ちょっとづつ乗り越えて、朗読修行の足しになればと。

そして、新しくチェリーの趣味でブログ小説が始動。へたくそですが楽しんで続けていくつもりです。
私の周囲のひとたち、過去に出会ったひとたちや場所、そういうものをこっそり登場させてそっと記録しておきます。
臨機応変小説「少年レマルク」

新たなるチョンボ&スタート&ダッシュ

【お知らせ】

怪奇幻想クラブ「渦とチェリー」の上の階層にありました、「32号室Webサイト」は本日を持ちまして終了いたしました。

大分だいぶごぶさたで、実質活動休止なユニット32号室のWebサイトなのですが、FTPサーバを色々しているうちに、うっかり内容を上書きして消してしまったといういきさつのためです。
(これを古の言葉でチョンボという)
でも、このチョンボも、年が改まり、これまでの色々を一新せよ、そして更に前にすすめという啓示かも知れません。

尚、掲載されておりました内容に関しましてはFacebookのページとほぼ同じですので、そちらのページを32号室の記録として大切に残しておきたいと思います。
32号室って、あったよね。と、気にかけてくださる方のために。

32号室(現在活動なし)Facebookページ

なお32号室のメンバーの方々、一緒に活動してくれてありがとうという気持ちは、消えずに残っています。御覧になってくださっているかは謎なのですが、感謝とリスペクトの気持ちだけは消さずに、前にすすみます。

そして、32号室のHPだったURLには、チェリーの独自の何か新しい事が近日始まるので、うっかり見に来た方は、びっくりしないでくださいませ。
http://room-32.com シンプルで素敵なドメインだ。
近日、近日公開。

新春第一弾は小川未明ナイト!ザロフを丸ごと使います。

年内の催しは無事全て終りました。
皆様、今年もありがとうございました。来年もよろしくお願い致します・・・と、いうことで!
早速2016年のイベントご案内です。
1月9日(土)小川未明ナイト「月夜と眼鏡」を、初台の画廊珈琲Zaroffで行います。

イベント詳細は→こちら小川未明ナイト「月夜と眼鏡」

「ネムリノ園」「人面疽」でご一緒したテルミン演奏のYodaさんが、以前から小川未明の童話にテーマ曲をつけるという取り組みをされているというお話から、チェリーも未明の幻想的なほの暗い物語をやってみたいと意気投合し実現することになった企画です。
ザロフ丸ごとお借りするという試みも今回が初めて。
小さく濃密なあのお店の空間に、チェリーのパノラマ朗読がどんなコントラストを描くのか。Yodaさんの音楽がどんな魔法をかけるのか。
そして、音楽といえばもう一組、「ネムリノ園」での不思議な人形の造形作家・太田翔さんが「声」として参加するノイズユニット「粘土」が「赤い蝋燭と人魚」を表現します。齋藤太樹さんの造り出す電子音と演出で粘土ワールドとしかいいようのない独特な世界が産み出す新たな「人魚」、こちらも楽しみです。

小川未明ナイトのチラシ
Yodaさんのインスタグラムより。 こんな折り紙のお家風チラシをつくりました。

怪奇幻想クラブ「渦とチェリー」